【節約】家庭の通信費を3ヶ月間0円にする裏技をセキュリティ技術者が伝授!【楽天モバイル&IP電話&テザリング】(2021年7月最新)

節約

皆様こんにちは。

サイドFIREを目指すKJです。

本日は、家庭の通信費を3ヶ月間0円にする裏技を解説します。

家庭の通信費を3ヶ月間0円にする裏技

通信費とは

まず、「通信費」と聞いて皆様何を思い浮かべるでしょうか。

多いのは、皆様がいつも利用している「携帯代」のことをイメージすると思います。

ですが、通信費は携帯代だけではなく、携帯代/固定回線費/電話代の3つから成ります

そのため、「通信費を抑える」ためにはこの3つともを抑える必要があります

結論から先に言うと、その3つ全てを抑える方法が「楽天モバイル&テザリング&IP電話」なんです。順に解説していきますね。

携帯代を3ヶ月間0円にする方法: 楽天モバイル

まず通信費の1つ目、携帯代です。

携帯は有名どころで言うとDocomo・Softbank・AUの3社があり、そこに新規参入した楽天モバイルと、「MVNO」と呼ばれる複数の格安SIM会社があります。

私は、この中で圧倒的に「楽天モバイル」をオススメします。

正直、節約を少しでも考えるのであれば今すぐ申し込むべきレベルです。

楽天モバイル

携帯代単体で見るともっと安い格安SIMの会社もありますが、下記サイトの通り楽天モバイルでは3ヶ月間無料キャンペーンを実施しています。

 料金プラン詳細 | Rakuten UN-LIMIT VI(料金プラン) | 楽天モバイル

そういった乗り換え当初は安くなるキャンペーンは様々な会社で実施していますが、楽天モバイル独自の特徴なのが「契約期間の縛りがないこと」です。

大体の場合、携帯代は一度契約してしまったら2年間は乗り換えることができず、2年間未満で解約すると多額と違約金を取られてしまうことがほとんどです。

しかし、楽天モバイルにはそれがない。

つまり、いつ解約してしまってもいい。もっと言うと、無料期間だけ利用して解約してしまってもいいんです。

私は、楽天モバイルに満足しているため無料期間が過ぎても利用を継続するつもりですが、それを試せるということですね。

固定回線費を0円にする方法: テザリング

皆様のスマホの利用方法で多いのは「外ではパケット代を消費し、家ではWi-Fiへ接続」だと思います。

それだけでなく、昨今はリモートワークが加速し、家庭のインターネット環境が重要で各家庭でWi-Fiを利用していますよね。

つまり、大体の家庭は携帯代とは別に固定回線として「フレッツ光」や「ソフトバンク光」と呼ばれるような光回線を契約し、その光回線からWi-Fiルータ等を用いてWi-Fiを飛ばしているんです。

つまり、家庭全体で見ると携帯代だけではなく固定回線も費用を抑える必要があるんです。

その固定回線費。実は、私は0円です。

その理由は「テザリング」を活用しているからなんです。

皆様はテザリングをご存知でしょうか。

簡単に言うと「自分のスマホからWi-Fiを飛ばす」ということなんです。

しかし、ただでさえ携帯のパケット消費をしているのに更にテザリングまで実施してしまうとよりパケットが足りなくなる。

そんなあなたにも味方してくれるのが楽天モバイルなんです。

楽天モバイル

実は、楽天モバイルは楽天回線エリアではパケット無制限です。

パケット無制限なので、外でいくらでもスマホで動画が見れるだけでなく、家のPCのインターネット接続をテザリングで実施してもノーダメージ、0円でいいということなんです。

ただし注意点として、「楽天回線エリアでのみパケット無制限」なので、下記から皆様の自宅が楽天回線エリアに含まれているかをよくチェックしておいてくださいね。

楽天回線 4G LTEエリア | 通信・エリア | 楽天モバイル (rakuten.co.jp)

テザリングの設定は簡単で、スマホで下記の操作をするだけです。

 設定 > モバイルネットワーク > テザリングとポータブルアクセス > 個人AP > 下記のボタンをタップ

これでスマホからWi-Fiが出てくるので、PCをインターネットに接続したければ、PCでそのWi-Fi名を選択して接続すればテザリングを利用できます。接続の際のパスワード等はスマホから自由に設定できます。

ちなみに、楽天モバイルの楽天回線エリアでの速度を測定してみたところ、47Mbpsもの速度が出ているため、リモートワークにも全く問題ありません。

PlayStation4でプライムビデオを見たり、VR動画を見たりしても不自由は感じませんでした。

電話代を0円にする方法: IP電話

最後に電話代です。

皆様が利用しているスマホでも、電話を利用すると1分10円等でお金がかかり、できればLINEで済ませたいけど仕事ではどうしても電話が必要になり電話代がかかる・・・

仕事ではやむを得ず長電話になってしまい、せっかく格安SIMにしても電話代で数千円かかってしまう・・・

そんなことありますよね。

この電話代がたくさんかかってしまっていては、家庭全体の通信費は結局安くならないですよね。

しかし、私はこの電話代も0円です。

理由は「IP電話」にあります。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は皆様も利用しています。

「普通に電話をすると電話代がかかるけど、LINEで通話すれば電話代はかからない」、実はこれってIP電話を利用しているからなんです。

電話代がかかるのは、スマホでインターネットをするときとは別に、電話専用の設備をDocomoやソフトバンクが用意しているためその費用がかかってしまっています。

であれば、スマホでインターネットする経路と同じ経路で電話をしてしまう、これが「IP電話」です。

そして、このIP電話についても楽天モバイルが活躍してくれます。

楽天モバイル

楽天モバイルを契約すれば、「Rakuten Link」というアプリが利用可能になり、そのRakuten Linkでは通常の「090~」や「080~」の電話でもIP電話で行うことができるため、電話代が0円で済むんです。

下記の通り、「楽天リンク」で検索して一番上に表示されるアプリがRakuten Linkです。※ 楽天モバイル契約者でないと利用できません。

3ヶ月以降の通信費

ということで、楽天モバイル&テザリング&IP電話で3ヶ月間通信費は0円にできるのですが、では3ヶ月以降がどうなるか確認します。

実は、この価格値下げ競争が加速した昨今においても、携帯代単体で見ても楽天モバイルが最強なんです。

非常にわかりやすい比較表が楽天モバイルのHPにありました。

参照: 楽天モバイル (rakuten.co.jp)

この通り、完全に楽天モバイルの勝利ですね。

そして、格安SIMとの比較ですが、格安SIMはどうしても通信速度が遅く、テザリングでリモートワークをするには快適とは言えず、パケット制限もあるのでどうしても固定回線が必要になってしまいます。

携帯代単体でなく、通信費全体での比較であれば格安SIMより楽天モバイルの勝利と言えるでしょう。

楽天モバイル

最後に

ということで、本日は家庭の通信費を3ヶ月間0円に抑え、かつそれ以降も最安に抑える方法を紹介しました。

少し前までは私は様々な格安SIMを1年や2年置きに乗り換えて乗り換えてどうにかキャンペーンで安く・・・

と努力していましたが、いい時代になりましたね^^

よっぽどのことがない限り、私は楽天モバイルを継続利用していると思います。なんだかんだ、外でYoutubeとかも見たいですしね。

本日は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました