【NISA】NISAを口座開設できない!?開設済の金融機関がわからない!?対策を実体験をもとに解説!(2021年7月最新)

投資信託・ETF

皆様こんにちは。

サイドFIREを目指すKJです。

今回は、NISA口座を開設しようとしたら「他金融機関で口座開設済のため開設できない」となった際の対策を解説します。

NISA口座開設済の対策

NISAとは

NISA、特に積み立てNISAは投資初心者の方でも比較的安全に資産を増やすことができる、オススメの投資手法の1つです。

NISAについての解説と、投資初心者の方がどのようにNISAで投資をしていくべきかの解説は下記の記事を参照してください。

NISA口座開設方法

これから投資を始めたい、という方は楽天証券かSBI証券で口座開設するのがオススメです。

楽天証券でのNISA口座開設手順は下記の記事で丁寧に記載しておりますので、参考にしてください。

NISAを口座開設できない原因

NISAを口座開設できない理由は、基本的に「他金融機関で既に口座開設済」の場合です。

NISAは、日本政府が決めた金額までの範囲で非課税で投資ができるようにするために作られた制度なので、複数口座で開設して指定金額以上の運用を行うことができないんです。

私も少し前にNISAの口座開設を実施したところ、下記のように口座開設できませんでした。

参照: SBI証券

ということで、NISAを口座開設したければ、既に開設済の他口座を廃止し、その廃止証明書を提出して再度NISA口座開設を申し込めば開設できるようになります。

・・・しかし、私の場合はここで1つ問題が発生しました。

どこの金融機関でNISAを口座開設したかわからない!!!

ここから、私の約1ヶ月の闘いが始まりました。

NISAをどの金融機関で開設したかわからない場合の対策

対策方法としては、大きく2つです。

  • 心当たりがある金融機関へNISA開設済か確認する
  • 税務署を訪問してどの金融機関でNISA開設済か確認する

私の場合はまず1点目、それでも解決しなかったため2点目の対策を行いました。

心当たりがある金融機関へNISA開設済か確認

私の場合は、主に利用している金融機関は

  • 生活費を管理する三井住友銀行口座
  • 投資/副業用の資金を管理する住信SBIネット銀行
  • 株式/投信/ETFの投資を行うSBI証券

の3つです。

そのうちSBI証券は今回NISA口座開設済を申請して否認されたため対象外、住信SBIネット銀行は主にSBI証券へ入出金しているぐらいなのでおそらく違う、となると三井住友銀行だ! と思いました。

もしや過去に三井住友銀行の店舗でキャッシュカードの更新等を行った際についでにNISA開設されてしまったか?と疑いながらスマホやPCで三井住友銀行のWebページをあれこれ調べましたが、NISA口座開設済である証拠を見つけることはできません。

しびれを切らし、三井住友銀行の店舗を直接訪問しました。

三井住友銀行の店舗で「NISA口座開設済かどうか確認してほしい」と依頼したところ、口座番号や本人確認書類を提出すればすぐに確認してくれました。

・・・しかし結果は、「こちらではNISAを開設した履歴はありません。」との回答。

くそっ、「他の店舗も含めて本当に開設していないか?」「間違いないか?」と問い詰めたい気持ちはあるものの、こちらにも証拠はない。

大人しく「わかりました、ありがとうございました。」と引き下がり、第二の手段、税務署への確認をすることにしました。

税務署にてNISA開設済金融機関を確認

ということで、自分が住んでいる区を管轄する税務署を調べ、その税務署へ電話することにしました。

ちなみに、その税務署は私が仮想通貨で確定申告をしなかった際に通知が来た税務署です。

電話で「NISA口座開設済の金融機関がわからない。わからない場合は税務署へ問い合わせしろと言われている。」と伝え、教えてもらおうとしたところ

「NISA開設済金融機関は直接税務署へお越しいただかないとお調べすることはできません。」

・・・くそっ、このIT&テレワークの時代に訪問必須って。。

しかし、逆に言えば訪問すれば調べてくれるとのこと。

もう今更引き下がれないので、税務署までは3km以上ありますが自転車で向かいます。

そこで同じようにNISA開設済金融機関を調べてほしい旨を伝えると、2階の部署を案内されました。

私以外にはお客さんがおらず、普通に勤務している方々がデスクワークをしているフロアです。

担当者の方に私の身分証明書を提示し、待つこと10分程度。

ファイルを持って税務署の担当者の方が戻ってきました。

ファイルの中身は私に見せないまま、いくつか質問を受けます。

 「KJさんはかつてこの住所に住んでいたことはありますか?」

 KJ「はい、実家です。」

 野村証券の口座はお持ちですか?」

 KJ「あ、会社の持株会の株式売却のために昔口座開設したことがあります!」

 「野村証券で口座開設していると思いますので、野村証券へ問い合わせてください。」

 KJ「ありがとうございました!」

なるほど、野村証券か!!!確かに口座開設を数年前にしたため、そのときに一緒にNISAも口座開設してしまっていたのかもしれません。

証拠の書類をもらえるかな? と思っていましたが、機密情報だからかファイルの内容は隠しながら質問されたので、証拠は諦めて早速自宅に戻り調べます。

野村証券のWebページへログインしてみたところ、「NISA口座開設済」との表示。

これだ!!!ありがとう税務署のおっちゃん!!!

野村証券のNISA口座廃止のためにはどうやら野村ネット&コールで電話で申請すればいいとのことなので、電話でその旨を説明したところ、2~3質問へ回答するぐらいで手続きを実施してもらえ、後日書類が届きました

これでようやくSBI証券でNISA口座開設が出来ます。

SBI証券のWebページから、NISA > NISA口座開設 > 他社でNISA口座を開設されている方 という下記のページがありましたので、「金融機関変更」で書類請求をしました。

参照: SBI証券

すると、他社からのNISA口座変更のための書類が届きますので、

  • SBI証券から届いた申込書
  • 野村証券から届いた非課税口座廃止通知書
  • 身分証明書(免許証)のコピー

の3つを返信用封筒に入れて郵送し、これでようやくSBI証券でのNISA口座開設をすることができました。

最後に

ということで、本日は「NISAを他金融機関で口座開設済だがわからない」場合の対処法について紹介しました。

私のような状況になる方が多いかどうかわかりませんが、NISAは金融機関口座開設の際にいつの間にか一緒に口座開設されてしまっている場合もありますよね。

私のようにうっかり意識せず開設してしまった場合は、落ち着いて心当たりの金融機関か税務署へ問い合わせてみましょう。

私の体験がどなたかのお役に立てれば光栄です^^♪

本日は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました