【仮想通貨】夢の不労所得!?Beldex(BDX,ベルデックス)のマスターノード運用について解説!(2022年9月最新)

草コイン個別解説
KJ
KJ

こんにちはー!

KJでーす!

本記事では、仮想通貨で不労所得を得る方法の1つとして、Beldex(BDX)のマスターノード運用について解説します。

この記事を読むことで、次のことを理解できますので是非最後まで見ていってください^^

  • 仮想通貨Beldex(BDX) の特徴や優れた点がわかる
  • マスターノードとは何かわかる
  • 何故Beldexのマスターノード運用が優れているのかわかる
  • Beldexのマスターノード運用の始め方がわかる

この記事の位置付け

KJ
KJ

この記事は、

仮想通貨投資の全体像のうち

「草コインの沼」に該当する話やから

かなりマニアックな話やで。

仮想通貨 Beldex(BDX) とは

KJ
KJ

Beldex(BDX) とは、

プライバシーブロックチェーンの仮想通貨や。

Beldex BDX とは、「プライバシーブロックチェーン」の仮想通貨です。

・・・と言われても、それだけで理解できる方はあまりいないと思います。

簡単に解説すると、MetaMask等のどこかの仮想通貨ウォレットから仮想通貨ウォレットへ仮想通貨を送るときの、取引内容を秘密にするのがプライバシーブロックチェーンです。

ただ、まだこれだけではピンと来ない方も多いと思うので、もう少し具体的に見てみましょう。

実は、EthScanBscScan といった無料で使えるツールを使うことで、ブロックチェーンアドレスがわかれば、スマートコントラクトを用いた仮想通貨の取引は次のような様々な情報が世界中の誰でも確認することができてしまいます。

  • 仮想通貨ウォレットの残高
  • 取引履歴
    • 取引時間
    • 送金
    • 送金
    • 送金

これでは、個人の銀行口座やクレジットカードの明細が公開されているようなもので、プライバシー保護が十分とは言えません

そこで誕生したのがBeldexのプライバシーブロックチェーンで、ユーザはBeldexのサービスを用いることで取引情報を非公開にし、プライバシーを守ることができるのです。

Beldex(BDX)についてより詳しく知りたい方は、次の記事をご確認ください。

マスターノードとは

KJ
KJ

マスターノードがやってることは、

マイニングみたいな感じやな。

そもそも仮想通貨の根幹技術であるブロックチェーンは、世界中のパソコンやサーバ機器にブロックチェーン情報を記録し、分散管理を行うことで成立している技術です。

つまり、ブロックチェーンを成立させるためには、そのブロックチェーンを構成するためのパソコンやサーバ機器が必要となります。

このブロックチェーンを構成する機器を、Beldex等の一部の仮想通貨では「マスターノード」と呼んでいます。

何故Beldexのマスターノード運用が優れているのか

KJ
KJ

マスターノード運用ができる仮想通貨はBeldexだけじゃないんやから、

他のマスターノード運用よりBeldexのマスターノード運用が

本当に優れているのか知りたいよな。

まず、ユーザがマスターノード運用を行うメリットは、報酬として仮想通貨BDXが支払われて不労所得を得ることができるためです。

次に、他のマスターノード運用が可能な仮想通貨とBeldexを比較してみましょう。

MasterNodes.Online というサイトで、マスターノード運用が可能な仮想通貨を一覧表示し、次の手順で絞り込みを行っていきます。

  1. マスターノード運用が可能な仮想通貨を時価総額トップ10に絞る・・・ある程度実績があり、信頼できるものを選ぶため。
  2. マスターノード運用を始めるために必要な資金が1,000ドル以下のものに絞る・・・初期投資額を抑えるため。
  3. 1と2を満たす仮想通貨のうち利回りが高いものを選ぶ・・・多く収益を得るため。

すると、初期投資額576ドル・年利96.35%のBeldexでのマスターノード運用が最も優れていることがわかりました。

 ※ もちろん、条件を変えれば他の仮想通貨が選ばれる可能性はあります。

Beldexマスターノード運用を始めるには

KJ
KJ

さあ、儲かるんやったら

早速Beldexマスターノード運用を始めたいところやけど・・・

実は簡単じゃないんや^^;

Beldexマスターノード運用を始めるためには、初期費用1万BDXマスターノードとなるサーバ構築を行う必要があります。

サーバ構築は Beldexセットアップガイド が公開されていますが、次の通り構築は簡単ではありません

  • セットアップガイドは英語で記載されている
  • そもそもサーバ機器を用意する必要がある
  • 構築にはある程度のLinuxサーバ構築スキルが必要となる

そこで、Beldexマスターノード運用に興味はあるもののサーバ構築に抵抗がある方のために紹介したいサービスが、COIN HIKAKU 様が提供するBeldexマスターノード構築・運用サービスです。

ただし、メリットだけでなくリスクやデメリットもあるため、十分に理解して判断してください。

メリット
  • マスターノード1台あたり750BDX(約5,600円)/月の不労所得が得られる
  • サーバ構築は COIN HIKAKU 様へお任せするため構築不要
  • サーバの運用もお任せできる
  • 初期費用の1万BDX(約7.6万円)はロックされるだけで、最終的には引き出せる
デメリット
  • サービス料として COIN HIKAKU 様へ4,500円/月の支払いが必要となる
  • 初期費用1万BDXとBeldexの仮想通貨ウォレットは自分で用意する必要がある
  • 仮想通貨BDXの価格が下落し、収益がマイナスとなる可能性がある
  • マスターノード運用の報酬のBDXの量が減り、収益がマイナスとなる可能性がある

ただし、逆にBDXの価格上昇や報酬増加により収益性が上昇する可能性もありますし、マスターノードの台数を増やせば毎月の不労所得額も増加します。

リスクやデメリットを理解した上で、総合的に判断しましょう。

もしBeldexマスターノード運用を初めて見たい方は、まず初期費用1万BDXを用意する必要があります。

BDXは MEXC という仮想通貨取引所で購入することができるため、下記の記事を参考に購入してください。

また、Beldexウォレットの作成と COIN HIKAKU 様のマスターノード構築・運用サービスへの申し込み方法は、下記の記事を参考にしてください。

注意が必要なのが、サービス申し込み後にも必要な設定もあります。

設定方法は下記の記事を参考にしてください。

また、今なら COIN HIKAKU 様と本ブログのコラボキャンペーンで、下記からBeldexマスターノード構築・運用サービスへ申し込んでいただければ無料トライアル10日間をプレゼントします。

ページアクセス後、下記のIDとパスワードを入力してください。

  • ID: kj
  • PW: vip

最後に

最後になりますが、仮想通貨投資、特に草コイン投資は超ハイリスクですし、必ず儲かる保証なんてありません。

だからこそ、正しくリスクを理解して少しでも勝率を高めて投資を行いましょう。

KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

コメント

  1. […] >>【仮想通貨】夢の不労所得!?Beldex(BDX,ベルデックス)のマスターノード… […]

タイトルとURLをコピーしました