【仮想通貨】Terra(LUNA,テラ,ルナ)とは?購入方法は?ステーブルコインを発行するグローバル決済システムについてセキュリティ技術者が解説!(2021年10月最新)

仮想通貨(暗号資産)
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨の Terra(LUNA) について解説します。

この記事を読むことで、下記を理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨 Terra(LUNA) の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨 Terra(LUNA) の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨 Terra(LUNA) の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨 Terra(LUNA) 解説

Terra(LUNA)とは

KJ
KJ

Terra(LUNA)は、仮想通貨をもっと

実用的に使えるようにするためのプロジェクトや。

参照: Terra – powering the innovation of money

Terraは、ステーブルコインを発行し、グローバルな決済システム(Eコマース)を提供する決済プラットフォームです。

仮想通貨業界のPayPalとなる」ことを目指しています。

ステーブルコインとは、ボラティリティ(価格変動)が高く通貨としては使用しにくい仮想通貨の問題を解決し、価格を安定させる目的で開発された仮想通貨です。

価格が安定し、P2Pで様々な国を跨いで利用できるステーブルコインであるからこそ、Terraは世界中の決済システムとして利用可能なんですね。

LUNAは、Terraのプラットフォーム上で使用されるガバナンストークンです。

  • Terra・・・ステーブルコインを発行し、決済システムを提供するプラットフォーム
  • LUNA・・・Terraのプラットフォーム上で使用される仮想通貨(ガバナンストークン)。

Terra(LUNA)はスマートコントラクト機能を持つ

KJ
KJ

Terra(LUNA)はスマートコントラクト機能を持つんや。

決済にも使うんやから、必須機能やな。

参照: Terra – powering the innovation of money

Terra(LUNA)はスマートコントラクト機能を持ちます

スマートコントラクト機能というとイーサリアムですが、Terra(LUNA)もスマートコントラクトが可能でイーサリアムの存在を脅かす存在として「イーサリアムキラー」とも呼ばれています。

このスマートコントラクト機能を用いて、Terra(LUNA)はEコマースだけでなくDEX/DeFiなどの各仮想通貨サービスやシステムへ拡張していきます。

また、Terra(LUNA)は独自ブロックチェーンを持ち、トランザクションの処理能力は秒間1,000件を誇るため、イーサリアムのようなスケーラビリティ問題を抱えにくくより実用的な仮想通貨となっています。

Terraで発行するステーブルコインの仕組み

KJ
KJ

ステーブルコインは価格を安定させるための仕組みがいくつかあるんやけど、

Terraで発行するステーブルコインはアルゴリズムベースや。

参照: Terra – powering the innovation of money

Terraが発行するステーブルコインは、ガバナンストークンであるLUNAを活用して市場の供給量を調整することで実現しています。

そのためにのアルゴリズムには上述のスマートコントラクトが活用されており、一定以上の価格変動が発生してしまった場合には自動で市場のLUNAの供給量を増減させ、価格を戻します

例えば、TerraではUSTという米ドルと連動したステーブルコインを発行していますが、USTが米ドルよりも一定以上上昇した場合、アルゴリズムはLUNAを利用してUSTの供給量を増加させ、価格を下げるのです。

逆にUSTが米ドルよりも一定以上下落した場合には、アルゴリズムはLUNAの供給量をバーン等で減らして価格を上昇させるのです。

このように、LUNAはアルゴリズムで自動的に価格を安定させる特徴があるため、「アルゴリズムステーブルコイン」と呼ばれます。

Terra(LUNA)はステーキングを行うことができる

KJ
KJ

ステーキング。

ワイも最近ハマっとるんやけど、持っている仮想通貨を増やせるんや。

参照: Terra – powering the innovation of money

Terraは、2021年3月にAnchorという預金プラットフォームをリリースしました。

このAnchorは、仮想通貨を預けることで定期預金のようにステーキング報酬を得られる仕組みです。

例えば、ステーブルコインのUSTを預けた場合、金利は約20%となっており、十分なインカムゲインを得ることができますね。

もちろんLUNAもステーキングを行うことができ、預けられたLUNAはアルゴリズムがステーブルコインの価格を安定させるために使用します。

更に、LUNAの保有者はLUNA決済時のトランザクション手数料を得ることができるため、こちらも十分なインカムゲインを得ることができます。

Liskのスマートステーキング機能と似ていますね!

Terra(LUNA)は主要なブロックチェーンと接続できる

KJ
KJ

Terra(LUNA)は独りよがりな仮想通貨ちゃうで。

ちゃんと他の仮想通貨と接続できるんや。

参照: Terra – powering the innovation of money

Terraは、2020年9月22日に米ドルと連動したステーブルコインであるUSTをイーサリアムやSolana等のブロックチェーンに移動することができるプロトコル「Dropship」をリリースしました。

これにより、USTの活躍シーンがますます増え、様々なDeFi/DEXで使用できるようになりました。

現在、様々な互換性のないブロックチェーンが乱立するインターオペラビリティ問題が話題となっていますが、Terraはこの問題の解決もすることができるんですね。

これにより、USTの活躍シーンがますます増えて仮想通貨の中で重要なポジションを占めるようになりました。

インターオペラビリティ問題解決の仮想通貨と言えば、他にAvalanche(AVAX)がありますね。

Terraの実績

KJ
KJ

Terraは、絵に描いた餅とはちゃうで。

韓国にはもう決済システムとして実用化済や。

参照: Terra – powering the innovation of money

Terraは2018年に韓国で設立された企業ですが、Binance LabやPolychainなども出資していることで有名です。

また、韓国のモバイル決済アプリChaiと提携し、既に現時点で通販サイトで決済手段としてのサービスを展開済なんです。

また、韓国国内や上述のUST(米ドル)だけでなく、ユーロ(EUT)やカナダドル(CAT)など様々な法定通貨のステーブルコインを発行しています。

歴史はそこまで深くはないですが、既に実用化の実績もあり、世界展開まで十分に視野に捉えたプロジェクトとなっています。

仮想通貨 Terra(LUNA) の価格

KJ
KJ

ここまでで Terra(LUNA) がどんな仮想通貨かわかったか?

ほな、そろそろお値段のほう見ていこか。

参照: Terra(LUNA)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
  • 現在(2021年10月)の時価総額ランキング: 12位
  • 最高値(2021年10月): 1LUNA = 約5,200円
  • 現在値(2021年10月): 1LUNA = 約4,900円

Terra(LUNA)の価格は、なかなか衝撃的なチャートになっていますね。

Terra(LUNA)は2021年1月ごろから価格上昇を始め、1LUNA=約100円から 1LUNA=約2,400円へ2ヶ月で約24倍の価格上昇をしました。

しかし、2021年5月にはTerraのUSTがアルゴリズムをうまく働かせることができずに価格が下落してしまい、Terra(LUNA)の信頼性も疑われ価格が約70%ほど下落してしまいました。

しかし、2021年7月ごろからまたTerra(LUNA)は再び注目され、価格は7倍ほどに上昇して時価総額ランキング12位を記録しました。

この夏にはTerra(LUNA)は非常に注目されており、ますますTerraの決済システムやステーブルコインによるDeFi/DEXが世界中で広まればより価格を上げていく可能性もあるでしょう。

仮想通貨 Terra(LUNA) の購入方法

KJ
KJ

それじゃ、どうやったら仮想通貨の Terra(LUNA) が

購入できるか解説するで。

残念ながら、Terra(LUNA) は日本の仮想通貨取引所で購入することはできません

購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

中でも私がオススメなのは、取り扱い銘柄が非常に多く日本語に対応しており操作性にも優れるMEXC取引所です。

Terra(LUNA) を購入したい方は、下記の記事を参考にMEXC取引所で口座開設しましょう!

本記事のまとめ

  • Terraはステーブルコインを発行しグローバルな決済システムを提供するプラットフォーム
  • Terraはスマートコントラクト機能を持ち秒間1,000件の処理スペックを持つ
  • TerraのステーブルコインはLUNAの供給量をアルゴリズムで調整して価格を安定させる
  • TerraではUSTやLUNAをステーキングしてインカムゲインを得られる
  • Terraは発行したUSTをイーサリアムやSolana等のブロックチェーンへ移動できる
  • Terraは韓国の決済アプリChaiで実用化されており、EUTやCATなども発行
  • Terra(LUNA)は2021年夏に大きく価格を伸ばし時価総額ランキング12位となった
  • Terra(LUNA)はMEXC取引所で購入することができる
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

コメント

  1. […] 【仮想通貨】Terra(LUNA,テラ,ルナ)とは?ステーブルコインを発行するグロー… […]

  2. […] 【仮想通貨】Terra(LUNA,テラ,ルナ)とは?購入方法は?ステーブルコインを発… 【仮想通貨】Wonderland(TIME,ワンダーランド)とは?購入方法は?Avalancheネットワークの金融システムをセキュリティ技術者が解説!(2022年1月最新)仮想通貨のWonderland(TIME,ワンダーランド)について、Avalancheネットワークの金融システムをセキュリティ技術者が解説しています。2022年1月最新の記事です。kj-blog.jp2022.01.03 […]

  3. […] 【仮想通貨】Vader Protocol(VADER,ベイダープロトコル)とは?購入方法は?ハイブリットアルゴリズムの分散型金融決済システムをセキュリティ技術者が解説!(2022年1月最新)仮想通貨のVader Protocol(VADER,ベイダープロトコル)について、ハイブリットアルゴリズムの分散型金融決済システムをセキュリティ技術者が解説しています。2022年1月最新の記事です。kj-blog.jp2022.01.05 【仮想通貨】Terra(LUNA,テラ,ルナ)とは?購入方法は?ステーブルコインを発… […]

タイトルとURLをコピーしました