【仮想通貨】Lisk(LSK,リスク)とは?購入方法は?爆益を期待できる開発途上の注目仮想通貨についてセキュリティ技術者が解説!(2021年11月最新)

仮想通貨(暗号資産)
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨の Lisk(LSK) について解説します。

この記事を読むことで、下記を理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨 Lisk(LSK) の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨 Lisk(LSK) の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨 Lisk(LSK の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨リスク(Lisk,LSK)解説

Liskは分散型アプリケーションプラットフォーム

まず、Liskとは分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps,ダップス) のことで、このプラットフォームで使われる仮想通貨がLSKです。

・・・少し難しいかもしれませんね^^;

通常のアプリは、開発元の組織がいて不具合対処やユーザ要望の反映等の運用を行っています。

しかし、逆に言うとどれだけ便利なアプリであっても、提供元の都合でサービス停止したり個人情報を集められてしまうこともあります。

そんな問題を解決したのが分散型アプリケーション(Dapps)です。

開発された後の運用はどこか1つの組織が請け負うのではなく、Liskを利用する人たち全員で管理することで、ユーザに都合が悪い開発運用が行われたり個人情報が悪用されることを防ぎます

分散管理のためには仮想通貨のブロックチェーン技術が必要ですので、その分散型アプリケーションで仮想通貨のLSKが用いられています。

LiskはJavaScriptを用いているため活発に開発されている

そんな分散型アプリケーションプラットフォームのLisk。

あくまでLiskはプラットフォームですので、このプラットフォーム上で動作するアプリケーションがなければ意味がありません。

しかし、Liskでは開発も活発で、その裏側に「JavaScriptで開発されていること」があります。

仮想通貨は一般的に、独自のプログラム言語を用いて開発されていることが多いため、その開発へ加わるための参入障壁が高い、と言えます。

しかし、LiskはJavaScriptというWebアプリ等で用いられる非常に有名なプログラミング言語で開発されているため、開発に参画できるエンジニアが多く、非常に積極的に開発が進められています

この条件であれば、Liskの分散型アプリケーションプラットフォーム(Dapps)は今後も活用されていき、ますます便利になっていくことでしょう。

サイドチェーンを採用しており追加開発が容易

もう1点、Liskの開発を活発にさせている要因があります。

それが「サイドチェーン」です。

通常はブロックチェーンは1本の縦長なブロックにどんどん情報が追加されていくのですが、Liskのようにサイドチェーンを採用している仮想通貨ではメインのブロックチェーンに複数本のチェーンが接続されます。

これがサイドチェーンで、ブロックチェーンを更に便利にするための技術となっています。

サイドチェーンを採用することで

  • 複数のチェーンで処理することで処理速度が向上する
  • メインチェーンの変更を最小限に追加機能が付与できるため開発が活性化する
  • サイドチェーン部分にバグがあっても切り離して影響を最小限にすることができる

等の特徴があるため、Liskに様々な機能を追加していく動きが今後も見られることでしょう。

スマートコントラクトが可能

Liskはスマートコントラクトが可能です。

スマートコントラクトとはシステムが自動で契約を完了させ売買や取引を行うもので、分散型の世界を実現するための機能の1つです。

スマートコントラクトで一番有名な仮想通貨はイーサリアムですので、Liskはイーサリアムとライバル関係でもあります。

しかし、Liskのコンセプトから考えるとスマートコントラクト機能は必須と言えますし、イーサリアムとは差別化されて開発は進んでいくことでしょう。

マイニング承認の仕組みにDPoSを採用している

Liskではマイニング承認の仕組みにDPoS(デリゲーテッドプルーフオブステーク)を採用しています。

他のマイニング承認の仕組みにはPoWやPoS等がありますが、複雑な計算の実行に大量の電力を消費したり、処理に時間がかかる等の課題がありました。

しかし、DPoSでは仮想通貨LSKの保有者全員が、マイニング実施の立候補者から代表者を選び、その代表者にマイニングを実施してもらいます。

複雑な計算を大多数の人が行う必要がないことから、画期的なマイニング手法となっています。

LSKのステーキングサービスが提供されている

仮想通貨のLSKを保有していると、その保有量に応じてステーキングサービスとして更に保有者へLSKが配布されます。

通常、仮想通貨は安いときに買って高いときに売る「キャピタルゲイン」による利益を目指しますが、LSKではそれだけでなく「インカムゲイン」として不労所得をえることができます。

このインカムゲイン目当てで更に値上がりしてキャピタルゲインを得る可能性もありますし、非常に魅力的な機能ですね。

このステーキングサービスは日本国内の仮想通貨取引所であるCoinCheckやbitFlyerでも既にリリースされています。

仮想通貨LSKの価格

参照: Lisk(LSK)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
  • 現在(2021年11月)の時価総額ランキング: 164位
  • 最高値(2018年1月): 1LSK = 約3,800円
  • 現在値(2021年11月): 1LSK = 約390円

仮想通貨LSKは2021年11月現在、時価総額は164位1LSK=約390円となっています。

非常に価格変動が大きく、2017年初には約20円であったのに2018年初には約3,800円を記録しました。

なんと、たったの1年間で190倍です。

恐ろしい数字ですね・・・

仮想通貨市場全体の調子が良い現在と比べても10倍近い価格を記録したことがあるということから、まだまだ値上がりするポテンシャルは秘めていると考えられます。

ただ、値上がり幅が大きいということは値下がり幅も大きいので、投資タイミングには十分に注意してください。

仮想通貨LSKの購入方法

仮想通貨LSKは日本国内の取引所を含め、様々な仮想通貨取引所に上場しています。

大手取引所である コインチェック や bitFlyer であれば、安心してLiskへの投資を行うことができます。

初めての方でも確実に仮想通貨投資デビューできるよう、口座開設~仮想通貨購入までの一連の手順を下記の記事で詳しく解説しています。

また、海外の取引所ながらも取り扱い銘柄が非常に多く日本語対応で操作性に優れるMEXC取引所でももちろん購入することができます。

本記事のまとめ

  • Liskは分散型アプリケーションプラットフォーム(DApps)で、発行された仮想通貨がLSK
  • Liskはプログラミング言語がJavaScriptであるため活発に開発されている
  • LSKはサイドチェーンを採用しているため追加開発も容易
  • LSKはスマートコントラクト機能を持つ
  • LSKはマイニング承認の仕組みにDPoSを採用している
  • LSKは預けることでステーキング報酬が得られる
  • LSKは現在最高値の10分の1程度。投資で資産を増やせる可能性あり
  • LSKはCoincheckやMEXC取引所で購入することができる
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

コメント

  1. […] 【仮想通貨】リスク(Lisk,LSK)とは?爆益を期待できる開発途上の注目仮想通… […]

タイトルとURLをコピーしました