【仮想通貨】Lido DAO(LDO,stETH)とは?購入方法は?イーサリアム等のリキッドステーキングを提供するDeFiサービスをセキュリティ技術者が解説!(2022年8月最新)

草コイン個別解説
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨の Lido DAO(LDO) について解説します。

この記事を読むことで、次のことを理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨 Lido DAO(LDO) の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨 Lido DAO(LDO) の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨 Lido DAO(LDO) の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨 Lido DAO(LDO) 解説

Lido DAO(LDO) とは

KJ
KJ

Lido DAO とは、

リキッドステーキングっていう

サービスを提供するDeFiや。

参照: Liquidity for staked assets | Lido

Lido DAO とは、イーサリアムリキッドステーキングを提供するDeFiサービスを構築するコミュニティです。

・・・これだけだと難しいですよね、もう少し詳しく解説します^^;

まず、「ステーキング」とは、仮想通貨を一定期間預けることで定期預金のように仮想通貨を増やすサービスです。

しかし、ステーキングを一度実施してしまうと指定期間経過まではその仮想通貨を引き出したり換金することができず、「流動性」が失われてしまうデメリットがありました。

そこで誕生した新たなステーキングサービスが「リキッドステーキング」で、ユーザはイーサリアム等を Lido へ預けることで ETH はロックされるものの、ロックと同時に ETH と同量でほぼ同価値の「stETH」を発行してユーザはこの stETH を自由に流動性として使用することができるのです。

つまり、ユーザは年利数%のステーキング報酬を得ながらほぼ同価値の stETH も獲得することができ、stETH を自由にファーミングして増やしたり換金したりすることで流動性を失うことなくインカムゲインを得ることができるのです。

この Lido で発行され、ガバナンストークン(開発方針の投票権) 等として使用される仮想通貨が LDO であり、ここまでをまとめると次の通りとなっています。

  • Lido DAO・・・リキッドステーキングを提供する DeFi サービスの構築組織
  • LDO・・・Lido DAO で発行され、ガバナンストークンとして使用される仮想通貨
  • stETH・・・ETH を Lido へステーキングすることで発行される仮想通貨

ちなみに、他に DeFi 関連の仮想通貨には BarnBridge や FiNANCiE Token 等がありますね。

stETH はイーサリアム2.0完了後に ETH へ交換できる

KJ
KJ

Lidoへステーキングした ETH の元本を引き出すための方法は

イーサリアム2.0へのアップグレード後に stETH との交換なんや。

参照: Liquidity for staked assets | Lido

stETH は、イーサリアム2.0へのアップグレード完了後に ETH へ交換可能となります。

イーサリアムは現在「The Marge」と呼ばれるアップグレードの開発が行われており、この開発が完了するとイーサリアムは「イーサリアム2.0」へとアップグレードされます。

この The Merge は承認アルゴリズムを電力消費が大きく環境負荷が高い「PoW(Proof of Work)」から環境に優しい「PoS(Proof of Stake)」へと変更する開発で、2022年後半に完了予定です。

The Merge が完了してイーサリアムがイーサリアム2.0となれば、Lido へステーキングされた旧ETHの代わりに発行された stETH は新ETHへと交換可能となり、交換されれば stETH はバーン(焼却)されます。

そのため、イーサリアム2.0へのアップグレード完了後には現状の stETH を発行するリキッドステーキングは一度終了となり、新たなサービスが展開される可能性が高いでしょう。

Lido では様々な仮想通貨のリキッドステーキングが実施可能

KJ
KJ

そんな Lido のリキッドステーキングやけど、

実は ETH 以外の仮想通貨にも対応してるんや。

参照: Liquidity for staked assets | Lido

Lido では、ETH 以外にも次のような様々な仮想通貨のリキッドステーキングを実施可能です。

  • Solana(SOL): SOL をステーキングして stSOL を発行
  • Polygon(MATIC): MATIC をステーキングして stMATIC を発行
  • Polkadot(DOT): DOT をステーキングして stDOT を発行
  • Kusama(KSM): KSM をステーキングして stKSM を発行
  • Terra Classic(LUNC): サービス終了済

最も有名で様々な DeFi サービスへ対応しているのはもちろん stETH ですが、stETH 以外のこれらの仮想通貨で運用益を得られる DeFi サービスもLido発展に応じて今後増えていくかもしれません。

Lido は DAO で運営されている

KJ
KJ

Lido は LDO を保有する投資家により

DAO(自律分散型組織) で運営されてるで。

参照: Liquidity for staked assets | Lido

Lido は、DAO(自律分散型組織) により運営されています。

DAO とは、会社や開発組織がおらず仮想通貨 LDO を保有する世界中の投資家により運営されている組織のことです。

Lido DAO の参加者は、Lido を宣伝して新しいユーザやオペレータを誘致して効率性と安定性を確保することで、共同で Lido を運営していきます。

また、Lido の次のような重要な方針は仮想通貨 LDO の保有者全体の投票で決定されます。

  • Lido のパラメータ
  • Lido 貢献の報酬額
  • Lido の開発資金の運用方法

仮想通貨 Lido DAO(LDO) の価格

KJ
KJ

ここまでで Lido DAO(LDO) がどんな仮想通貨か伝わったか?

ほな、そろそろお値段のほう見ていこか。

参照: Lido DAO(LDO)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
  • 現在(2022年8月)の時価総額ランキング: 62位
  • 最高値(2021年8月): 1LDO = 約712円
  • 現在値(2022年8月): 1LDO = 約375円

LDO は仮想通貨時価総額ランキング62位と、仮想通貨の中で十分な立ち位置を確立しています。

LDO は2021年1月は 1LDO=約66円 でしたが、最高値の2021年8月は 1LDO=約712円 とたった半年ほどで10倍以上に高騰しました。

その後は価格は下落し、現在は 1LDO=約375円 と最高値の半額程度になってしまいました。

しかし、逆に考えると現在は安値で買い時とも言えます。

Lido のイーサリアムを中心とした仮想通貨のリキッドステーキングを提供するDeFiサービスに将来性を感じた方は、是非LDOへ投資してみてください。

仮想通貨 Lido DAO(LDO) の購入方法

KJ
KJ

それじゃ、どうやったら仮想通貨の Lido DAO(LDO) が

購入できるか解説するで。

残念ながら、LDO は日本の仮想通貨取引所で購入することはできません

購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

中でも私がオススメなのは、取り扱い銘柄が非常に多く日本語にも対応しておりスマホアプリで簡単に操作できるMEXC取引所です。

LDO を購入したい方は、下記の記事を参考にMEXC取引所で購入しましょう!

なお、海外の仮想通貨取引所を利用するためには、まず日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入して送金する必要があります。

これから仮想通貨投資を始める方は、まずは大手取引所で安心して仮想通貨投資ができる bitFlyer や コインチェック で、下記の記事を参考にビットコイン等を購入しましょう。

本記事のまとめ

  • Lido DAO とは、リキッドステーキングを提供する DeFi サービスの運営組織
  • stETH は、イーサリアム2.0アップグレード後に ETH と交換可能となる
  • Lido は、ETH 以外にも SOL や MATIC 等の仮想通貨のリキッドステーキングも提供
  • Lido は、仮想通貨LDO保有者によるDAOで運営されている
  • LDO は、現在最高値の半額程度。Lido のリキッドステーキング注目で高騰の可能性
  • LDO は、MEXC取引所で購入することができる
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

タイトルとURLをコピーしました