【仮想通貨】WAXP(ワックス,WAX)とは?購入方法は?キング・オブ・NFTと呼ばれる注目仮想通貨についてセキュリティ技術者が解説!(2021年11月最新)

仮想通貨(暗号資産)
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨のWAXP(ワックス,WAX)について解説します。

この記事を読むことで、下記を理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨WAXP(ワックス,WAX)の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨WAXP(ワックス,WAX)の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨WAXP(ワックス,WAX)の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨WAXP(ワックス,WAX)解説

WAXP(ワックス,WAX)とは

KJ
KJ

ワックスっていっても、整髪料のワックスちゃうで。

あと、WAXPとWAXは別名みたいに表記されることが多いけど、

実は別物なんや。

WAXは様々なゲームアイテムやNFTを安全にスピーディに取引することができるプラットフォームです。

WAXでは自分で描いたイラストや写真などをNFT化して販売することができ、個人でも様々なNFT商品を販売することができます。

その商品は個人間で取引され、メルカリやヤフオクのような感覚で売買できます。

WAX上なら誰でも気軽にNFTクリエイターになれる、ということですね。

また、WAXとWAXPはどちらも仮想通貨の名称としても使われますが、厳密には両者は別物です。

  • WAX・・・ゲームアイテムやNFTを売買できるプラットフォーム
  • WAXP・・・WAX上で使用される仮想通貨

WAXの成り立ち

KJ
KJ

WAXって聞きなじみないかもしれんけど、ポッと出の仮想通貨ちゃうで。

もともと仮想通貨が流行る前にも世界的に有名なサービスを提供してるとこが

リリースしたサービスなんや。

WAXは世界最大規模のゲーム内アイテム売買サイトである「OPSkins」により開発されました。

 ※ 現在OPSkinsのサイトは存在せず、WAXに統合されています。

WAXでは、従来の中央集権型のゲームアイテム売買ではなく、仮想通貨WAXを活用した分散型管理による売買を可能としました。

WAX開発時にはICOを実施しており、3万人から合計90億円の資金調達に成功しています。

既に実績のあるOPSkinsが取り組む仮想通貨プラットフォームということもあり、当初から非常に期待されていたんですね。

WAXPはイーサリアムベースで開発されておりスマートコントラクトが可能

KJ
KJ

スマートコントラクトっていうのは、ブロックチェーン内に契約情報を記録しておいて

自動で取引を成立させるための機能やな。

非常に便利な分散管理の機能やで。

WAXは分散型管理でゲームアイテムやNFTを売買するプラットフォームですので、自動で契約を成立させる「スマートコントラクト」が必要となります。

このスマートコントラクトはイーサリアムが持つ機能の特徴ですので、WAXPはイーサリアムをベースに開発されています。

WAXPがスマートコントラクトの機能を有しているからこそ、WAXのプラットフォームでは運営元が1つ1つの取引を厳密に管理しなくとも安全な売買が成立できるのです。

WAXでは様々な会社と提携してNFTを売買している

KJ
KJ

WAXはもともとゲームアイテム販売のOPSkinsをやってただけあって、

既にちゃんと実績があるで。

色んな企業がWAXでNFTを販売してるんや。

WAXは、自らのプロジェクトを「キング・オブ・NFT」と呼んでいます。

その名にたがわず、既にWAXは様々な会社と提携してNFTを売買しています。

  • カプコン: 日本の有名なゲーム会社。ストリートファイターのキャラクターを販売。
  • EOSBet: 世界最大級のギャンブルプラットフォーム。
  • Splinterlands: ゲーム系の有力仮想通貨
  • deadmau5(デッドマウス): ミュージシャン
  • Atari: アメリカの人気ゲーム会社
  • Topps: トレーディングカード

これだけの実績があれば、WAXはますます発展していきそうですね。

WAXPを担保にキャッシングローンを組むことができる

KJ
KJ

なんと、今の時代

仮想通貨はキャッシングローンの担保にできるんや。

実は、WAXPを担保に法定通貨(米ドルなど)を借りることができます

これ自体はWAXの機能ではなく、「SALT」というサービスの機能で、ビットコインやイーサリアム等の仮想通貨を担保に法定通貨を借りることができるサービスです。

しかしまだ時価総額もあまり高くないWAXPもこのSALTで担保できる仮想通貨として認められ、WAXPでキャッシングローンを組むことができるようになりました。

この特徴に関してはローンが組めることそのものより、WAXPは担保として認められるほど信頼性の高い仮想通貨である、という点が非常に注目です。

WAXの今後の開発について

KJ
KJ

いくら今はすごくても、今後開発が進まんかったらいいサービスとは言えんよな。

でも安心や、ちゃんとWAXは公式サイトにロードマップが公開されてるで。

WAXの今後ですが、公式サイトでロードマップが公開されています。

アカウント作成をより簡単にすることだったり、スマートフォン対応を行うことでより利便性を向上させ、よりユーザの獲得を目指していくようです。

仮想通貨WAXP(ワックス,WAX)の価格

KJ
KJ

ほな、そろそろWAXPのお値段のほう見ていこか。

参照: WAX(WAXP)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
  • 現在(2021年11月)の時価総額ランキング: 121位
  • 最高値(2018年1月): 1WAXP=約290円
  • 現在値(2021年11月): 1WAXP=約55円

WAXは2018年1月に最高値の 1WAXP=約290 を記録してから暴落しました。

その後は価格低迷が続いて1WAXP=約5円 ほどまで落ち、現在は 1WAXP=約55円 まで回復しました。

全体的に仮想通貨が高騰している現在においてもそこまで高い水準にはないことから、今投資をして大きく儲けることができるかもしれません

今後分散型管理のNFT売買が盛り上がってWAXプラットフォームが注目され、仮に2018年1月の最高値まで上がれば、約5倍に資産を増やすことができます。

仮想通貨WAXP(ワックス,WAX)の購入方法

KJ
KJ

WAXPが気になってきたか?

ほなどうやって購入すればいいか教えるで。

残念ながら、2021年11月現在でWAXPは日本国内の仮想通貨取引所では取り扱われていません

海外の仮想通貨取引所のBinanceでWAXPを購入することができます。

残念ながら、現在はまだ私のお気に入りのMXC取引所でも購入は出来ないようです。

本記事のまとめ

  • WAXはゲームアイテムやNFTを売買できるプラットフォームで、その基軸通貨がWAXP
  • WAXのサービスは世界最大規模のゲーム内アイテム売買サイト「OPSkins」がリリース
  • WAXではWAXPのスマートコントラクト機能により分散型売買が可能
  • WAXはカプコンのストリートファイターをはじめ様々な企業と提携している
  • WAXは公式サイトでロードマップが公開され着実に開発が進んでいる
  • WAXPは時価総額121位で最高値の5分の1程度。投資で利益を出せる可能性あり。
  • WAXPは海外仮想通貨取引所のBinanceで購入できる。
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

コメント

  1. […] 【仮想通貨】WAXP(ワックス,WAX)とは?購入方法は?キング・オブ・NFTと呼ば… […]

  2. […] 【仮想通貨】WAXP(ワックス,WAX)とは?購入方法は?キング・オブ・NFTと呼ば… 【仮想通貨】Nafter(ナフター,NAFT)とは?購入方法は?SNSとNFTを組み合わせた新サービスをセキュリティ技術者が解説!(2021年11月最新)仮想通貨のNafter(ナフター,NAFT)について、SNSとNFTを組み合わせた新サービスをセキュリティ技術者が解説しています。2021年11月最新の記事です。kj-blog.jp2021.09.21 […]

タイトルとURLをコピーしました