【仮想通貨】イーサリアムはビットコインを超えて基軸通貨になる!?将来額は!?(2021年6月最新)

仮想通貨(暗号資産)

皆様こんにちは。

30歳て会社を辞めて投資とビジネスで家族を養う(つもりの)KJです。

今回は、私が大好きなイーサリアムについて、今後ビットコインを超えると予想しているのでその理由を説明していきます。

イーサリアムの機能

スマートコントラクトが可能

これは皆様ほとんどご存知だと思います。

仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンは、そのブロックチェーンの信頼性を基に分散管理されており、「分散管理だが信頼できる」という特徴を生かしてイーサリアムでは「スマートコントラクト」が可能となっています。

「スマートコントラクト」とはIT上でのお手軽な契約のことであり、ブロックチェーンは改ざんされないという前提のもと、契約もブロックチェーンに組み込めば改ざんされない安全な契約ができる、ということですね。

これはビットコインにはない、イーサリアムならではの特徴です。

イーサリアム以外にも多数のスマートコントラクトが可能な仮想通貨がありますが、それらはイーサリアムをベースとして開発された派生品のようなものです。

あくまで、スマートコントラクトはイーサリアムの特徴です。

DeFi/DEXに活用されている

DeFiやDEXという言葉はご存知でしょうか。

  • DeFi…(Decentralized Finance)。分散型金融システム。銀行のように取引を管理する組織がなく、自由に個人間での取引ができる金融システム。
  • DEX…(DEcentralized Exchange)。分散型取引所。個人間での取引を行う取引所。

という意味です。

まさに、分散管理で個人間取引に便利なブロックチェーンと、イーサリアムのスマートコントラクト機能により個人間の確実な契約を可能にした、素晴らしい技術ですね!

実はこのDEX形式の取引所はここ1~2年で非常に普及していて、取引所の例としては、Uniswap, Pancakeswap, Sushiswap 等があります。

どこかで聞いたことがある名前なのではないでしょうか。

ちなみに、bitFlyer やコインチェック等、CMでやっているような有名な取引所は「中央集権型の取引所」であり、DEXではありません

取引所を管理している会社や組織があり、そこが保有している仮想通貨を売買しているだけです。

UniswapのようなDEXの特徴として、

  • まだあまり流通していないマイナーな仮想通貨を個人から購入できる
  • 管理主体がいないため手数料が非常に安価

という特徴があり、中央集権型にはないメリットがあります。

DEXは今後ますます普及しイーサリアムは基軸通貨となる

このDEXですが、私は今後ますます普及していくと予測しています。

何故かというと、もう一度仮想通貨の基本に立ち返ってみましょう。

仮想通貨は何が便利かというと、国を跨いだ個人間での通貨のやりとりがお手軽にできる点です。

そこへイーサリアムを組み合わせ、知らない人との個人間での取引も安全に容易にできるようになりました。

であるのに、何故仮想通貨の購入は個人間での取引ではなく中央集権型なのでしょうか

仮想通貨の特徴を考えると、仮想通貨の取引はDEXで行われることが自然だと思います。

今は中央集権型の取引所が主流であっても、世の中は便利で自然な方へ徐々に進んでいくため、便利で自然なDEXが普及し、DEXでの取引のためにイーサリアムはますます必要とされていくことでしょう。

イーサリアムの価格

イーサリアムの2021年6月現在の価格

2021年6月現在、イーサリアムの価格は約30万円です。

2021年に入ってからDEXが流行していることもあり、2021年5月に45万円を超える価格まで高騰しました。

2021年の1月には10万円強だったことと比べると、下がったとはいっても価格は3倍にはなっていますね。

イーサリアムの将来額

こちらの記事で記載した通り、仮想通貨全体の市場規模はまだ5倍以上に伸びていくと予想しています。

また、仮想通貨は時価総額で比較する必要があり、私は近い将来にイーサリアムの時価総額はビットコインを上回ると予想しています。

最初に生まれた仮想通貨の象徴であるビットコインに対し、将来主流となる取引の基軸通貨であるイーサリアムを必要とする人の方が増えていく、と考えることもごくごく自然ですね。

では、具体的にいくらぐらいになるかというと、

  • 現在はイーサリアムの時価総額がビットコインの半分程度 ⇒ イーサリアムが同等となると2倍の価格となる
  • 仮想通貨全体の市場規模は5倍以上に拡大 ⇒ 基軸となるイーサリアムの価格も5倍以上に拡大

ということを考え、10倍近い価格、控えめに見ても1イーサリアムあたり200万円以上は将来的になってもおかしくないのではないでしょうか。

最後に

以上、今回は私が大好きなイーサリアムをDeFi/DEXを例にとって将来的な需要の伸びと将来額を分析しました。

草コインも夢があって良いですが、やっぱり基軸となるイーサリアムあっての草コインですよね!

そんなDEXが主流となっている中、新たに日本で生まれたNBNGコイン(ノブナガコイン) に私は関心を持っているので、次回はNBNGについて書いてみようかと思います。

以上、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

  7. […] […]

  8. […] […]

  9. […] […]

  10. […] […]

  11. […] […]

タイトルとURLをコピーしました