【仮想通貨】BarnBridge(BOND,バーンブリッジ)とは?購入方法は?DeFiで提供される債券サービスをセキュリティ技術者が解説!(2022年8月最新)

仮想通貨(暗号資産)
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨の BarnBridge(BOND) について解説します。

この記事を読むことで、次のことを理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨 BarnBridge(BOND) の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨 BarnBridge(BOND) の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨 BarnBridge(BOND) の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨 BarnBridge(BOND) 解説

BarnBridge(BOND) とは

KJ
KJ

BarnBridge とは、

DeFiの債券サービスや。

参照: BarnBridge – A DeFi Risk Tokenizing Protocol

BarnBridge とは、DeFi(分散型金融) として提供される債券サービスです。

世界は新型コロナウイルスの拡大により各国の債務総額は増大債券サービスの需要が高まっていますが、従来の伝統的な金融システムの債券は長期間金利が低い水準が保たれており、世界の約60%の債券の利回りが1%未満となってしまっています。

そのため、資本はよりリスクの高い資産へ流れて高い利回りを求めており、DeFi の利回りは伝統的な金融システムよりはるかに高いものが多いため、DeFi へ預けられた資産総額を示す TVL(Total Value Locked) は年々高まっていっています。

そういった背景をもとに誕生したのが BarnBridge で、BarnBridge は利回りが高い DeFi 市場において世界各国でニーズが高まっている債券サービスを提供しているのです。

この BarnBridge で発行され、システムへの出資やガバナンストークン(開発方針の投票権) として使用される仮想通貨が BOND であり、ここまでをまとめると次の通りとなっています。

  • BarnBridge・・・DeFiで高い利回りが提供される債券サービス
  • BOND・・・BarnBridge で発行され、ガバナンストークンとして使用される仮想通貨

ちなみに、他に DeFi 関連の仮想通貨には FiNANCiE Token や Celsius 等がありますね。

BarnBridge は暗号担保ローンサービスを提供する

KJ
KJ

BaebBridge では

色んな種類の債券サービスが提供されてて

「暗号担保ローンサービス」ってのもあるで。

参照: BarnBridge – A DeFi Risk Tokenizing Protocol

BarnBridge は、従来の金融サービスよりも高い利回りを提供する DeFi サービスとして暗号担保ローンサービスを提供しています。

その仕組みは一般的なステーキングサービスが中心で、仮想通貨を一定期間預けることで、仮想通貨を増やしてインカムゲインを得ます。

ただし、BarnBridge ではスマートコントラクト技術と DAO(自律分散型組織) の仕組みにより、ステーキング以外にも幅広く複雑な DeFi の金融商品を提供可能で、同時に極めて高い透明性とセキュリティも提供されます。

BarnBridge の DeFi では銀行等の管理組織に徴収される手数料がなく極めて効率的で、従来の金融システムから DeFi への市場の転換を促進しているのです。

なお、BarnBridge は仮想通貨を用いた金融サービスであるため、仮想通貨そのものの価格変動はあるものの従来の「元本保証型」の金融サービスに近い金融商品も提供しようとしており、リスクを嫌う投資家の流入も見込んでいるのです。

BarnBridge は固定利回りの DeFi を提供する

KJ
KJ

BarnBridge では

DeFi では珍しい

固定利回りの金融サービスを提供するで。

参照: BarnBridge – A DeFi Risk Tokenizing Protocol

従来のDeFiサービスは対象の仮想通貨の取引手数料等がインカムゲインの資源となっており、取引量等により利回りが決定されるため「変動利回り」であることがほとんどでしたが、BarnBridge では利回りが変動しない「固定利回り」のDeFiサービスも提供しています。

そのサービスが「SMART Exposure」で、現時点では非常に珍しい固定利回りのDeFiサービスとなっています。

利回りが固定されていることによりユーザが財務計画をたてることを容易にし、さらに BarnBridge では債券の信頼性に格付けが行われていることから自身が許容できるリスクと求める利回りをもとに投資先を決定したり分散投資することで、より低リスクのDeFiでの運用が可能となるのです。

仮想通貨 BarnBridge(BOND) の価格

KJ
KJ

ここまでで BarnBridge(BOND) がどんな仮想通貨か伝わったか?

ほな、そろそろお値段のほう見ていこか。

参照: BarnBridge(BOND)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
  • 現在(2022年8月)の時価総額ランキング: 354位
  • 最高値(2020年10月): 1BOND = 約18,640円
  • 現在値(2022年8月): 1BOND = 約1,180円

BOND は仮想通貨時価総額ランキング354位と、草コインと言っていいでしょう。

BOND は2020年10月は 1BOND=約18,640円 でしたが、現在は 1BOND=約1,180円 と2年弱で約15分の1になってしまいました

しかし、逆に考えると現在は安値で買い時とも言えます。

BarnBridge のDeFiで提供される債券サービスに将来性を感じた方は、是非BONDへ投資してみてください。

仮想通貨 BarnBridge(BOND) の購入方法

KJ
KJ

それじゃ、どうやったら仮想通貨の BarnBridge(BOND) が

購入できるか解説するで。

残念ながら、BOND は日本の仮想通貨取引所で購入することはできません

購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

中でも私がオススメなのは、取り扱い銘柄が非常に多く日本語にも対応しておりスマホアプリで簡単に操作できるMEXC取引所です。

BOND を購入したい方は、下記の記事を参考にMEXC取引所で購入しましょう!

なお、海外の仮想通貨取引所を利用するためには、まず日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入して送金する必要があります。

これから仮想通貨投資を始める方は、まずは大手取引所で安心して仮想通貨投資ができる bitFlyer や コインチェック で、下記の記事を参考にビットコイン等を購入しましょう。

本記事のまとめ

  • BarnBridge とは、DeFi で提供される債券サービスで、仮想通貨がBOND
  • BarnBridge は、元本保証型に近い暗号担保ローンサービスを提供している
  • BarnBridge は、DeFi では珍しい固定金利の債券サービスを提供している
  • BOND は、現在最高値の約15分の1。BarnBridge 注目で高騰の可能性
  • BOND は、MEXC取引所で購入することができる
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました