【仮想通貨】ICHI(ICHI,イチ)とは?購入方法は?独自ステーブルコイン発行ができるDMA(分散型通貨機関)をセキュリティ技術者が解説!(2022年4月最新)

草コイン個別解説
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨の ICHI について解説します。

この記事を読むことで、次のことを理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨 ICHI の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨 ICHI の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨 ICHI の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨 ICHI 解説

ICHI とは

KJ
KJ

ICHI とは、

独自のステーブルコインを発行するための

金融機関みたいな感じや。

参照: ICHI | Ichi

ICHI とは、米ドルに連動した独自のステーブルコインを発行するための DMA(分散型通貨機関) と、そのガバナンストークン(開発方針の投票権) である仮想通貨の名称です

ステーブルコインとは、価格が安定した仮想通貨のことで、一般的な仮想通貨がボラティリティ(価格変動) が高く代金支払いや報酬付与に不都合が発生することもあることから、活用されています。

ステーブルコインは米ドルの価格と連動している USDTUSDC が有名ですが、なんとICHIを利用すると「oneXX」という名称でその仮想通貨コミュニティ独自のステーブルコイン(oneToken)を発行することが可能となるのです。

その oneToken は USDC と1対1で交換することが可能なよう設計され、米ドルと連動しているため、ユーザは安心してその独自ステーブルコインを利用することができます。

ちなみに、他にステーブルコイン関連の仮想通貨としては Hector Finance や Olympus 等がありますね。

ICHI は任意の仮想通貨を担保にステーブルコイン発行が可能

KJ
KJ

ICHIでは、まだ信頼性不十分な

独自仮想通貨でも

ステーブルコイン発行の担保にできるんや。

参照: ICHI | Ichi

独自のステーブルコインを発行するためには、一般的には発行する総額の法定通貨や USDT, USDC 等を準備する必要がありますが、ICHI の DMA(分散型通貨機関) では任意の仮想通貨を担保にステーブルコイン発行を行うことができます

とはいえ、まだ発行されたばかりの安全性に疑問がある仮想通貨のみを担保にすることは難しいため、任意の仮想通貨と USDC の2種類を担保として oneToken を発行します。

最初は担保のうち USDC の比率が高くなってしまいますが、ICHIでは任意の仮想通貨の財務規模を確認しており、財務規模が拡大するにつれて任意の仮想通貨の担保比率を高めていくことができるのです。

さらに、ICHIでは担保として預かった仮想通貨をファーミングにより増やし、財務強化に貢献することもできるため、ICHI を長期間活用することで oneToken をますます強固で安全なステーブルコインとしていくことができるのです。

ICHI の oneToken は多数の実績がある

KJ
KJ

そんなICHIやけど、

既に多数のステーブルコインを発行してきた

実績があるで。

参照: ICHI | Ichi

ICHI で独自に発行されるステーブルコイン oneToken は、次のような多数の実績があり、様々な用途で活用されています

  • one1INCH: 1INCHでのDeFi(分散型金融)での 支払い, 報酬支払い
  • oneDODO: DeFiでの支払いや交換
  • oneFIL: 分散型ファイルストレージ用のステーブルコイン
  • oneFOX: FOXに裏付けされたステーブルコイン
  • oneFUSE: 暗号モバイル決済の安定性の向上
  • oneMPH: MPHコミュニティのステーブルコイン
  • onePERL: PERLのガバナンストークン
  • oneUNI: 安定したDeFiのためのステーブルコイン
  • oneWING: wing.finance での仮想通貨貸し借りに使用

有名な仮想通貨プロジェクトである 1INCH や FIL 等でもICHIは利用されており、様々な用途に活用されていることがわかりますね。

ICHI の4つのメリット

KJ
KJ

ICHI には、

他のステーブルコイン発行サービスより

優れた点が4つもあるんや。

参照: ICHI | Ichi

ICHI は、他のステーブルコイン発行サービスより優れた次の4つのメリットがあります

  1. 資本効率・・・任意の仮想通貨を担保にしても、総発行額以上の資金を預ける必要がなく資本効率が高い
  2. 分散型・・・分散型で運営されており安全
  3. 価格上昇を促す・・・担保として預けられた任意の仮想通貨は売却されずに ICHI でロックされるため、供給量が減り価格上昇が促される
  4. オンチェーン・・・oneToken は100%オンチェーンで取り扱われるため、透明性が高い

これだけのメリットがあれば、独自ステーブルコインを発行したい仮想通貨プロジェクトが ICHI を選ぶ可能性は十分に高いと言えますね。

仮想通貨 ICHI の価格

KJ
KJ

ここまでで ICHI がどんな仮想通貨か伝わったか?

ほな、そろそろお値段のほう見ていこか。

参照: ICHI(ICHI)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
  • 現在(2022年4月)の時価総額ランキング: 629位
  • 最高値(2022年4月): 1ICHI = 約16,530円
  • 現在値(2022年4月): 1ICHI = 約910円

ICHIは仮想通貨時価総額ランキング629位と、草コインと言っていいでしょう。

ICHIは2021年6月には 1ICHI=約370円 でしたが、最高値の2022年4月には 1ICHI=約16,530円 とたった1年足らずで40倍以上に高騰しています。

中でも、2022年4月の高騰はとてつもないものでした^^;

その後は価格が暴落し、現在は 1ICHI=約910円 と最高値の18分の1以下となってしまいました。

しかし、逆に考えると現在ICHIは安値で買い時、とも言えます。

ICHI の独自ステーブルコイン発行の DMA(分散型通貨機関) に将来性を感じた方は、是非ICHIへ投資してみてください。

仮想通貨 ICHI の購入方法

KJ
KJ

それじゃ、どうやったら仮想通貨の ICHI が

購入できるか解説するで。

残念ながら、ICHIは日本の仮想通貨取引所で購入することはできません

購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

海外でもあまり取り扱っている仮想通貨取引所はありませんが、SushiSwapであれば購入できるようです。

ICHIを購入したい方は、SushiSwapで購入しましょう!

また、私のお気に入りのMEXC取引所は新規の仮想通貨をいち早く取り扱うことで有名ですので、いずれ上場するかと思います。

なお、海外の仮想通貨取引所を利用するためには、まず日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入して送金する必要があります。

これから仮想通貨投資を始める方は、まずは大手取引所である コインチェック や bitFlyer でビットコイン等を購入しましょう。

初めての方でも確実に仮想通貨投資デビューできるよう、口座開設~仮想通貨購入までの一連の手順を下記の記事で詳しく解説しています。

本記事のまとめ

  • ICHI とは、独自ステーブルコインを発行できるDMAと、発行された仮想通貨の名称
  • ICHI では、任意の仮想通貨とUSDCの2種類を担保にステーブルコイン発行が可能
  • ICHI では、1INCH や FIL 等の有名な仮想通貨プロジェクトでの実績がある
  • ICHI は、資本効率が高く, 分散型で, 価格上昇が促され, オンチェーン という特徴
  • ICHI は、現在最高値の18分の1以下。ICHIのDMA注目で高騰の可能性
  • ICHI は、SushiSwap で購入することができる
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

タイトルとURLをコピーしました