【イサキ釣り】電動リール「DAIWA SEABORG」でイサキ釣りを攻略!【共栄丸】

釣り

皆様こんにちは、KJです。

イサキ釣りに行ってきたので、難しい話はお休みで釣りの話を書きます!

 ※ 新型コロナ感染対策を徹底し、三密を避けて釣りをしました。

イサキ釣りは2度目、1年ぶり。

去年食べ、これまで釣った魚の中で一番塩焼きが美味しかった、あの異常に脂が乗った白身・・・

あの味をもう一度。忘れられないあの味をもとめてイサキ釣りへ向かいます。

イサキ釣り

釣船「共栄丸」

今日お世話になるのは、釣船「共栄丸」さん(和歌山日高阿尾 釣り船 共栄丸 | 民宿 (minnaga.com)

大阪から車で高速を使って2時間弱、和歌山県日高郡の釣船屋さんです。

午前4時~11時ごろの7時間で、12,000円/人です。(エサのオキアミ付き)

釣り具がなければレンタルも可能で、電動リールのレンタル2,000円、仕掛けも200円~でレンタル可能です。(ロストした場合は2,000円)

今回は、竿と電動リールを先輩にお借りし、仕掛けとエサはレンタルで釣りをしました。(ありがとうございます。)

イサキ釣りの釣具セッティング

今回はこちらの仕掛けでイサキを釣ります。

  • 電動リール: DAIWA SEABORG
  • 竿: DAIWA メタリア 195 タチウオ
  • ライン: PEライン1号
  • 仕掛け: コマセカゴ+オキアミ, ハリス

最初は電動リールの扱いに苦労し、バックラッシュを起こしてしまったり、

巻く速さ強さの調整に苦労しましたが、慣れればとても快適でした!

イサキとの闘い

さて、肝心のイサキ釣り。

午前4時に出船し、釣り場に到着するころには少し明るくなってきていました。

・・・なかなか揺れるな。

一応酔い止めも飲んでおいたのでギリギリ大丈夫でしたが、ここ数日の大雨で荒れ気味の海にときどき気持ち悪くなりながら、負けずに海へ立ち向かいます。

水深は移動したポイントによるが、30~50Mほど。

慣れない仕掛けや電動リールとも闘いながら、しかし今回の敵はイサキと母なる海。

そろそろ操作を理解し、本格的に釣りに集中しようとしていた3投目ごろ。

ドンッ!!!

アジやサバにはない強めのアタリ。これイサキなのでは!?

まだ心の準備中だった自分は電動リールを焦って高速で巻いてしまい・・・バラシ。。

くそぅ、ちゃんと巻く速さ強さを冷静にコントロールできるようにならなくては。。

そこから数投、またブルブルとしたアタリが!

今回は電動リールを調整しながらバラさないように慎重に引き上げます。

見えてきた見えてきた、魚がいる!

最後にバラさないよう船に取り込みましたが、

アジ!!

イサキではないけれど、25cmぐらいあり3枚卸ろしにできるサイズの良型アジ。

アジは刺身が美味しいので大好きです。

これはこれでキープ。

また数投しているとブルブル!

細かい魚ではない感触に、イサキだったらいいなあと思いまた慎重にあげると、

・・・またもやアジ!

嬉しいんですが、嬉しいんですが今回のターゲットはイサキ。

2匹目もキープしたものの、そこからも続くアジは目的を忘れないようリリース。

数匹のアジをリリースし、そのアジですらサイズが落ちてアタリの感触が弱くなっていく。

同じ船の人で、最初は数人イサキを釣っていたものの、イサキの姿を見る機会も減ってきている。。

またブルブル!

最初のドンッではなくブルブルなので、これはまた最初のサイズぐらいのアジっぽい。

電動リールで巻いていたのですが、電動リールがウイーーーーン!!!

あれ?何か操作を間違ってしまった?

何度かバックラッシュをしてしまってもいたので、もしや故障させてしまった・・・?

まずいまずい、と思いながら糸が絡まないよう巻く速さを調整しながらあげていると、またウイーーーーン!!!

そして竿もグングン振られている

あれ?もしや大きな魚がついているのか?

海面近くまで巻いてきたところで電動が止まり、手巻きで引き上げようとするとガンガンガンッ!!!

おるやんけ、これ大きい魚おるやんけ!!

ヤバイヤバイ、バラさないようにどうにか海面まで釣り上げて引き上げると・・・

来た来た来た!!!イサキ!!!

しかもハマチと見間違えるほどのサイズ、41cm!!!

見た目的には鯉みたい。とにかく去年釣ったイサキにはなかった大きなサイズ!!

嬉しい、嬉しい、嬉しい。美味しそう。

そのころ午前6~7時ぐらいかな。

それ以降もずっと11時まで釣りを続けましたが、25cmぐらいのイサキを1匹釣ったぐらいで、

あとは10cm強ぐらいのアジ・サバ・イワシぐらい。(イサキの赤ちゃんも混ざっていましたが。)

隣の先輩は気づかぬうちに一気にイサキ2本釣り等しており、合計イサキ3匹釣っていました。さすが。

11時になり釣りは終了。陸へ向かいます。

ただ、私が釣った41cmのイサキは同じ船で釣ったイサキの中で最大だったようで、

共栄丸のHPの釣果情報に私の写真がアップされていました。

イサキを美味しく食べる

ということで、釣って持って帰った魚はアジ2匹、イサキ2匹。

1匹だけ全然サイズが違う!!

んー、たまらん。

アジは2匹とも三枚おろしでお刺身、イサキ(小)は飾り包丁を入れて冷凍。

イサキ(大)は、このままではグリルにも入らないので三枚おろし。

このイサキ脂のりすぎ!!!

三枚おろしも上達したなー と思いながらワクワクしていると、今日は妻が夕食を食べて帰るとの連絡があったので、本格的に食べるのは翌日にすることに。

これだけあればいろんな調理ができるので、塩焼きや酒蒸しは翌日にすることにして、

今日は少しだけ刺身を味わうだけにすることに。

手前がアジ、奥がイサキ。

皮をすいたときに感じましたが、目に見えるほどの驚くべき脂の乗り

まずはアジの刺身。

あー、臭みがまったくない、キレイな身の味がする~

アジの刺身って美味しいよね。

続いてイサキ、

醤油をはじく身を頬張ると・・・

ちょ、ちょっとくどいかも

ブリもそうですが、脂が大量に乗った魚の刺身は少量で満足ですね。

今晩食べる予定の塩焼きと酒蒸しは、この脂が生きてとんでもなく美味しいだろうなあ・・・♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました