【ETF】債券ファンドの魅力とは?債券や株式ファンドと比較したメリットやデメリットをIT技術者が解説!(2021年7月最新)

投資信託・ETF

皆様こんにちは。

サイドFIREを目指すKJです。

本日は、債券ファンドの魅力と、債券や株式ファンドと比較して解説します。

債券ファンドとは

債券ファンドとは何かご存知でしょうか。

まず債券とは、お金を借りるために発行される借用書のようなものです。

お金が必要だが手元にはないため、債券を発行しそれを購入してもらうことで、発行元は資金調達を行い、購入者は利子を受け取ることができます。

もし債券を国が発行していれば国債、会社が発行していれば社債と呼ばれます。

次にファンド。これは投資信託のことで、そのファンドを購入すると金融のプロがそのお金を受け取り、最大限に利益を出せるよう運用してくれます。

個別に株を購入して利益を出すことが難しい人は、ファンドを購入すればお手軽に分散して資産運用ができるわけです。

とういことで債券ファンドとは、投資家からお金を集め、金融のプロが債券へ投資して利益を出してくれるもの、ということです。

ちなみに、私が債券ファンドに関心を持ったきっかけは、こちらの記事で紹介している通りFIREの書籍で債券ファンドの魅力を感じたからです。

ただの債券と債券ファンドを比較すると

ただの債券より債券ファンドが優秀な点

ただの債券と比較し、債券ファンドが優れている点として

  • 大きく損するリスクが低い
  • 優れた債券を調べる手間が減る

の2点があります。

まず1点目の損するリスクですが、これはピンと来ない方も多いかもしれません。

債券というと他の投資商品と比較すると安全なイメージがあり、リスクがあるイメージが湧きにくいからです。

しかし、債券にはしっかりリスクがあります。

それは、「倒産リスク」です。

特に社債の場合にあり得るリスクですが、社債を発行した会社が社調達した資金を使っても経営がうまくいかず、赤字が膨らみ続け、倒産してしまう可能性があります。

その場合社債がどうなるかというと、価値がゼロになり、投資家は大きく損をすることになります。

せっかく購入した社債が紙切れになってしまい、資産を増やすはずが大きく減らしてしまうことになるんですね。

しかし債券ファンドであれば様々な債券へ分散投資しているため、仮に1つの会社が倒産したとしても価値がゼロになることはなくリスクが低いのが債券より債券ファンドが優れている点、ということです。

次に、優れた債券を調べる手間

これは解説不要ですよね。私も知っている債券は日本国債とソフトバンク社債ぐらいで、債券なんて全然知りません。笑

金融のプロが運用してくれる債券ファンドだからこそ、少しでも利回りが高く安全な債券に投資してくれる、ということです。

ただの債券に債券ファンドが劣る点

これは単純明快ですが、仮に倒産リスクがなく利回りが非常に高い債券があった場合、それ1つに投資すれば最大限の利益を上げることができますが、債券ファンドだと分散投資になってしまい利益が落ちます

ただ、個人レベルでそのような素晴らしいファンドを見つけて購入することは難しいため、ほぼこのデメリットは忘れていいレベルでは、と私は思います。

株式ファンドと債券ファンドを比較すると

債券ファンドが株式ファンドより優れている点

参照: 債券でマイルドな値動きに『eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)』『同 先進国債券インデックス』半分ずつ投資した運用実績を評価-NISAで積立投資手帳 (amane-lancaster.blogspot.com)

債券ファンドが株式ファンドより優れている点として、「暴落相場に強いこと」です。

上図を見ていただいてわかる通り、コロナショックで株価が暴落した2020年4月ごろにも債券はほとんど価格が落ちていません

過去のリーマンショック等の株価暴落時には、株式は約50%の暴落となりましたが債券は約15%のみの下落で済んだというデータもあり、しかも株式より早くに価格は回復しました。

これがもし全ての資産を株式で保有していて資産が半分になってしまったらと思うと恐ろしいですが、債券を混ぜておけば暴落時にも下がりきらず、資産を安定させることができます

安定性が債券ファンドの魅力、ということですね。

債券ファンドが株式ファンドに劣る点

債券ファンドが株式ファンドに劣る点は、やはり値上がり幅でしょう。

上昇相場であれば、株式ならどんどん価格が上昇していくのに対し債券は株式ほどは値上がりせず、機会損失を招くことになります。

また、基本的には一時的な値下がりがあっても株価は回復するため、長期目線で見れば株式だけ保有している方がリターンが良くなります。

しかし、

  • 暴落相場では株式100%だと気持ちで負けて狼狽売りしてしまう
  • 暴落時に債券ファンドを売って株式ファンドを買うことで、より強力なポートフォリオを築ける

の2点から、私は債券ファンドを加えておくことをオススメします。

最後に

ということで、本日は債券ファンドの魅力と、債券や株式ファンドと比較したメリットデメリットについて解説しました。

安全なポートフォリオを築いて長期的に資産運用をしていくのであれば、私は債券ファンドは必要だと考えます。

投資は利率だけでなく安定させることも大切です^^

本日は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました