【節約】都会で月1万円ほどで手軽に車を利用!タイムズカーシェア登録&利用方法完全解説!(2021年最新)

節約

皆様こんにちは。

30歳で会社を辞めて投資とビジネスで家族を養う(つもりの) KJです。

今回は、都会で月1万円ほどで手軽に車を利用する方法を紹介します。

車の料金

車を購入した場合の料金

車って高いですよね。

1台購入するのに数百万円かかって、しかも一生乗れるわけでもなく買い替えが必要

更に、車本体の料金だけでなく、維持費もバカになりません。

都会で車を購入した場合、例えば下記の計算例だとすると、毎月4.67万円の費用がかかるんです。

  • 車本体ローン代: 25,000円/月 ※ 300万円を10年ローン払いの場合
  • 駐車場代: 15,000円/月
  • ガソリン代: 1,000円/月 ※ 100km/月走行の場合、100km÷15km/L×150円/L = 1,000円
  • 保険代: 4,500円/月 ※ 自賠責1.5万円/年、任意保険4万円/年の場合
  • 車検代: 1,200円/月 ※ 3万円/2年の場合
  • 修繕費(タイヤ等): +α

田舎であれば車が必須かもしれませんが、都会であれば電車やバス等の公共交通機関も発達しているので、必須で必要なものではないと思います。

その「必須で必要でないもの」に毎月4.67万円払うというのは、なかなかな出費ですよね。

とはいえ、幼い子供がいる、趣味に車が必須、等あるかもしれません。

そのような方には、月に1万円程度で済みお手軽に利用できる「タイムズカーシェア」をオススメします。

タイムズカーシェアを利用した場合の料金

初期費用

タイムズカーシェアの初期費用は、カード発行料の1,650円のみです。

初期費用無料のキャンペーンをしていることもあるので、その際に申し込みだとGOODですね。

月額基本料金

タイムズカーシェアの月額基本料金を紹介します。

参照: 月額基本料金 | カーシェアリングのタイムズカー(旧:タイムズカーシェア) (timescar.jp)

なんだかわかりにくいように見えますが、実は単純です。

「月額料金は880円、ただし利用した際に880円割引をつけるので、月に1回利用すれば月額基本料金は実質0円だよ」ということです。

利用料金

次に、利用料金です。

車のランクによって料金は変わりますが、「ベーシック」のランクでファミリーカーのFITやヴィッツやソリオ等乗れますので、「ベーシック」の料金で見てもらえれば大丈夫です。

  • 短時間利用の場合(例えば3時間): 220円/15分×180分 = 2,640円
  • 長時間利用の場合(例えば6時間、24時間): 4,290円、6,600円

等のように、利用時間によって金額が加算されます。

ただし、注目していただきたいのが、この料金には「(ある程度の)保険料金、ガソリン代、(タイムズ限定で)駐車場代」が既に含まれているんです。

参照: 補償制度 | カーシェアリングのタイムズカー(旧:タイムズカーシェア) (timescar.jp)

もし上記補償で不十分であれば、より手厚い補償を追加料金でつけることも可能です。

また、ガソリン代とタイムズ駐車場代については、下記のように社内に支払いができるカードが取り付けられており、自分で支払う必要はありませんし、ガソリン満タンで返却する必要もありません。(ガソリン補充すると割引あり。)

タイムズ駐車場の無料利用券はこのカードとは別で、運転席の天井に駐車券カードが取り付けられています。

タイムズカーシェア料金合計

あくまで私の場合ですが、タイムズカーシェアを利用すると

  • 月額1万円程度

に車代は抑えられています。

繰り返しになりますが、あくまで車が必須ではなく公共交通機関が発達した都会。

通勤に車を使うわけでもないため、車を利用するのはせいぜい週末ぐらいです。

大量の買い物やちょっとしたお出かけ等、2週間に1回ほど週末にタイムズカーシェアを利用していますが、1回あたり丸1日利用したとしても

  • 24時間利用×2回: 6,600円×2回 = 12,200円/月

で、車代は1.2万円程度です。

実際は、もっと短時間なので1万円程度に収まっています。

参考: レンタカーの料金

レンタカーの場合、レンタカー業者によって料金は様々ですが、保険やカーナビをつけると結局格安レンタカーでも

  • 5,000円/24時間

ほどはかかってしまいます。

微妙にタイムズカーシェアよりは安いですが、必ず自費でガソリン満タン返しをしないといけないため料金はトントンぐらい、手続きも複雑で利用したいときに気軽に利用できない点を考えるとタイムズカーシェアに軍配はあがると思います。

タイムズカーシェア会員登録方法

では、タイムズカーシェアの会員登録方法についてです。

こちら(入会 | カーシェアリングのタイムズカー(旧:タイムズカーシェア) (timescar.jp)) のページから、

参照: 入会 | カーシェアリングのタイムズカー(旧:タイムズカーシェア) (timescar.jp)

 利用方法 > 入会 > インターネット入会 > 詳細を見る

で、

  • 運転免許証の写真
  • クレジットカード
  • 運転者の電話番号とメールアドレス

を準備して指示に従い入力していけば会員登録はできます。

 ※ 店舗へ行かずにWeb上で完結できる「インターネット入会」がオススメです。

また、登録の際に入力する「紹介者コード」には「0011866054」を入力してください。

60分の無料チケットを入手することができます!

参照: 詳細・規約のご確認 | カーシェアリングのタイムズカー(旧タイムズカーシェア) (timescar.jp)

タイムズカーシェア予約方法

タイムズカーシェアの会員登録が済み、会員カードが自宅へ届けば、あとはスマホアプリで簡単にカーシェアが利用できます。

まずは、タイムズカーアプリをダウンロードします。

アプリをダウンロードしたら、アプリを開くと現在地周辺のカーシェアステーションが表示されます。

上部の、「利用開始日時」と「利用時間」を設定しましょう。

予約より早く返しても利用した分の料金のみの支払いなので、長めの時間で予約しておくことをオススメします。

空いていれば今すぐからでも予約可能です。

すると、予約可能なカーシェアステーションがオレンジ色で表示されますので、表示された車種で問題なければ「予約」を押します。

すると、「安心保障サービス」に加入するかどうかを聞かれます。

利用料金に基本的な補償は含まれているので、初めてで不安だったり、長距離運転で念のため、という際だけ加入でいいと思います。

そして、予約内容に問題なければ下部の「予約確定」を押します。

その後、会員番号やパスワードの入力を求められれば、会員カード記載の番号と登録時に決めたパスワードを入力しましょう。

これで予約は完了です。

タイムズカーシェア利用方法

タイムズカーシェアの会員証と、もちろん免許証を持って、予約したカーステーションに向かいましょう。

タイムズカーシェアだとわかるように看板等があるので、その車の後部の窓の方を確認すると、ロック解除の読み取り機があります。

予約した車の「TOUCH」と記載された箇所にタイムズカーシェア会員証をかざすと、車のロックが解除されますので車へ乗り込みます。

助手席の引き出しを開くと、このようにキーホルダーが黄色い機械に差さった車のキーがありますので、これを取り出して車の運転を開始します。

運転が終われば、もとの駐車場へ車を駐車し、車のキーホルダーを黄色い機械へ差し込み、また車後部の「TOUCH」へ会員カードをかざせば返却完了です。

最後に

ということで、今回は都会で車を1万円/月程度で利用できるタイムズカーシェアについて紹介しました。

お金を稼いで増やすことも大事ですが、無駄なお金を節約してこそ投資に回すお金ができる、というものですよね。

車代は維持費も含めると非常に高価ですので、都会に住んでいるのであれば是非タイムズカーシェアをオススメします。

本日は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました