【仮想通貨】仮想通貨が大暴落!?今後の見通しをセキュリティ技術者が予測!【Jasmy,Tenset,SAND含む】(2021年6月末最新)

仮想通貨(暗号資産)

皆様こんにちは。

30歳で会社を辞めて投資とビジネスで家族を養う(つもりの) KJです。

仮想通貨が下落していますよね。

今日は、その状況と今後の見通しを分析してみます。

現在の仮想通貨の価格と下落率

主要仮想通貨の価格と下落率

ビットコイン(BTC)の価格と下落率

まずは、ビットコインの価格です。

参照: ビットコイン(BTC)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

ビットコインは2017年末に210万円ほどを記録してから50%ほど下げ、しばらくは100万円前後をウロウロしましたね。

仮に同じように考えると、2021年は670万円を記録してから50%ほど下落し、340万円前後をウロウロする、という予想になります。

イーサリアム(ETH)の価格と下落率

続いてイーサリアムの価格と下落率です。

参照: Ethereum(ETH)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

イーサリアムは2018年頭に14万円ほどを記録してから80%ほど下落し、しばらくは3万円弱をうろうろしました。

2021年には42万円ほどを記録して現在は22万円ほどですが、現在のイーサリアムはDeFi/DEXやNFTの展開により、2018年当時より大幅に需要が伸びています。

下記の記事の通り、私はいずれイーサリアムはビットコインを上回ると考えているので、下落率も50%ほどに留まり21万円ほどをしばらくウロウロすると予想しています。

草コインの価格と下落率

Jasmy(ジャスミー) の価格と下落率

続いてJasmyです。

参照: Jasmy(JASMY)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

うーむ、こちらは深刻ですね。。

一時は400円を記録したものの、下落率98%ほどで6円ほどになってしまいました。

ただ、私が調査した限りではJasmyに深刻な事件があって下落したわけではありませんでした。

あくまで、Jasmyが流通する前に仮想通貨全体の価格の下落が訪れてしまい、Jasmyもそれに巻き込まれたような形ではないでしょうか。

見通しはかなり厳しいですが、Jasmy自体に大きな問題があったわけではないはずですので、Jasmyの開発を続けていただければ、次回の仮想通貨市場全体の盛り上がりの際にJasmyもともに価格が回復する可能性はあるかもしれません。

ちなみに、Jasmyについての私の考察の記事はこちらです。

Tenset(10set)の価格と下落率

続いてTensetです。

参照: Tenset(10SET)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

「積極的なデフレトークン」であるTensetですが、3月下旬には約680円を記録したものの、約130円まで約80%下落してしまっていますね。

ただ、他の草コインと比較すると下げ率はまだ抑えられており、2018年頭のイーサリアムに近い下落率で踏みとどまっています。

購入したいところですが、仮想通貨全体が下落している今、もう少し慎重に見守った上で判断した方がいいと私は考えます。

Tensetについての考察の記事はこちらです。

The Sandbox(SAND)の価格と下落率

続いてはSAND。

The Sandbox(SAND)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

SANDは4月ごろに95円を記録しましたが、現在は20円ほどとなり下落率は約79%。

こちらも2018年頭のイーサリアムほどの下落率ですね。

そもそもの「The Sandbox」のゲームやNFTの需要もあり、踏みとどまっている状況でしょうか。

このSANDの今後の価格についても「The Sandbox」のゲームやNFTの需要次第ですが、両者とも世の中に必要とされないことはないと思われるため、いずれ世界的に流行したタイミングで価格は巻き返す可能性はあります。

SANDやNFT関連銘柄についての考察の記事はこちらです。

今後の仮想通貨の見通し

仮想通貨全般の見通し

ここからは、これまでよりも更に私個人の予想が含まれます。

まず、仮想通貨全体でほぼ現状の価格が底値だと私は考えています。

また、次の仮想通貨の盛り上がりは半年~3年後程度のいずれか、かなり幅はありますが、どこかのタイミングでまた盛り上がりは見せると考えています。

どの仮想通貨を見ても、あくまで投機目的で上昇下落はありますが、根本技術のブロックチェーン技術が破られたわけではありませんし、世の中に必要とされなくなった事件があったわけではありません。

あくまで上昇下落の一環の1つであり、そこまで深刻に考えるほどのことではない、と私は見ています。

主要仮想通貨(BTC,ETH等)の見通し

どなたかのコメントで

「仮想通貨を知るとイーサリアムやリップルが魅力的に感じるようになる。更に知ると草コインが魅力的に感じるようになる。」

というものを見ました。

まさにその通りだと思います。笑

あくまで主要仮想通貨があって、それを補完したり新たな観点で草コインは生まれます。

草コインにも関心は行ってしまいますが、ビットコインやイーサリアム等、今回の下落率をみてもわかるように草コインと比べるとまだ安定しています。

  • ビットコイン: 340万円程度
  • イーサリアム: 21万円程度

のタイミングで購入することができれば、半年~3年ほどで倍以上にできる可能性が高いと私は考えます。

草コインの見通し(Jasmy,Tenset,SAND)

これまでの仮想通貨の動向を見ると、

  • 最初にビットコインが上昇
  • 次にイーサリアムやリップルが上昇
  • 最後にいくつかの草コインが爆上昇

というような流れです。

ビットコインやイーサリアムが揃って下落した現在、しばらくは草コインが上昇することはないと予想しているため、購入するのであれば長い目で見た方がよさそうです。

また、正直なところ、2021年は大量の草コインが生まれたこともあり、この仮想通貨下落のタイミングでいくつかの草コインが更に下落して淘汰される可能性があると考えられます。

私としては、追加購入はここ2~3か月価格を見守ってからでいいと考えます。

世の中に必要とされる草コインであれば、必ず需要により価格は上昇します。既に草コインを持っている方は、それが必要とされるものなのか再度考え、必要とされるものであれば持ち続けましょう。

最後に

ということで、今回は仮想通貨の下落から価格・下落率の分析と、今後の見通しについて記載しました。

そもそも1年ほど前と比べると十分に価格は上昇していますし、私は既に購入額以上の利益を利確しているので焦る必要はないと考えています。

ゆったりどっしりと、次のバブルを待ちましょう。

今回は以上です。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました