【仮想通貨】XELS(ゼルス)とは?購入方法は?カーボンオフセットをはじめとした環境問題解決のためのプロジェクトをセキュリティ技術者が解説!(2021年12月最新)

仮想通貨(暗号資産)
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨の XELS について解説します。

この記事を読むことで、下記を理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨 XELS の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨 XELS の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨 XELS の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨 XELS 解説

XELS とは

KJ
KJ

XELSとは、環境問題解決のための

仮想通貨プロジェクトや。

参照: Home | Xels.io

XELSは、東京と香港に拠点が置かれており、日本の国立大学である東工大学が取り組んでいる、仮想通貨を通じて環境問題をクリアしていこうというプロジェクトです。

そのためにXELSが着目しているのはカーボンオフセットです。

カーボンオフセットとは、CO2(二酸化炭素)の削減努力をしても経済活動等のために削減しきれない際に、CO2削減活動への投資等により排出したCO2を埋め合わせる、という仕組みです。

しかし、従来のカーボンオフセットには問題があります。

カーボンオフセットはCO2排出削減努力を行った企業や組織からCO2排出権を購入することで成立しますが、次のような詐欺が行われているのです。

  • 期限切れのCO2排出権を販売
  • のCO2排出権を販売
  • 使用済のCO2排出権を販売

XELSはこのようなカーボンオフセットの問題を解決するべく、ブロックチェーン技術を活用して透明性が高く不正のないCO2取引市場を提供しているのです。

ちなみに、他にカーボンオフセットに着目した仮想通貨にはDovu等がありますね。

XELSのカーボンオフセットの仕組み

KJ
KJ

XELSでは、

カーボンオフセットに必要な一連の機能を提供してるんや。

参照: Home | Xels.io

XELSでは、カーボンオフセットを取引するための次のような全ての機能を提供しています。

  • CO2証書の発行
  • CO2証書の販売
  • CO2証書の無効化

第三者であるXELSがCO2証書を発行しているからこそ公正な判断が行われ、発行したXELSプラットフォーム上で取引されるため偽のCO2証書の販売ができず販売されたCO2証書はバーン(焼却)されるからこそ使い回しはできません

また、この一連の処理はXELSのブロックチェーン上に記録され、いつでもだれでも見ることができる記録となっているため、取引記録が永久に証明されるのです。

このようなカーボンオフセットの問題を解決し公正な取引が可能であるからこそ、企業や組織はより積極的に環境問題に取り組むことができるようになり、近年流行りのSDGsの達成にも貢献することができるのです。

また、XELS自身もPoSとPoWをハイブリットに採用した独自の低エネルギーブロックチェーンにプラットフォームを移行する予定となっており、環境問題解決に貢献しています。

XELS, SELS, BELSの3種の仮想通貨が発行されている

KJ
KJ

なんと、XELSプロジェクトでは

3種類も仮想通貨が発行されてるんや。

参照: Home | Xels.io

なんと、XELSプロジェクトでは3種類の仮想通貨が発行されています。

  • XELS
  • SELS
  • BELS

ただ、この3つの仮想通貨はそれぞれが独自の機能や役割を持っているわけではなく、メインの仮想通貨であるXELSの発行準備が整っておらず当時一時的に用意された仮想通貨であるようです。

ICOでSELSが提供され、ICO参加者への追加の特典としてBELSが提供されました。

現在はSELSは1:1の比率でXELSへ交換することができるため、交換しておくのが無難でしょう。

XELSは elesol という製品を開発した

KJ
KJ

XELSが提供してるのは仮想通貨関連だけちゃうで。

ちゃんと、環境問題解決のための製品も開発してるんや。

XELSでは、仮想通貨だけでなくelesolという製品を開発しています。

この製品は、見た目はただのプレートですが、取り付けることでAC100Vで動作する電化製品のノイズである電磁波を減衰させることができます。

電磁波を減衰させることで、余計な電力消費を抑え、なんと10%もの省エネになるとも言われています。

XELSは、単に仮想通貨で資金を調達したいだけでなく真に環境問題の解決に取り組んでいるということが伺えますね。

また、このelesolは日本製で東工大学の研究で作られたということで、品質も十分な製品だと思われます。

XELSは環境問題解決のため今後様々な開発に取り組む

KJ
KJ

東工大学発のXELSは、

今後も色んな開発を通して環境問題を解決していくんや。

参照: Home | Xels.io

XELSが現在提供しているのはカーボンオフセットプラットフォームとelesolですが、今後も様々なアプローチで環境問題解決に取り組もうとしています

まだ詳細は明らかにされていませんが、電気料金を支払うためのプラットフォーム構築も計画しているとのことです。

さらに、ICO等で調達した資金は、XELSの啓蒙活動や新エネルギー技術の開発などに当てられていく計画となっています。

企業でなく大学発祥のプロジェクトであるだけあり、様々な技術的アプローチで環境問題を解決しようとしており、非常に好感の持てるプロジェクトですね。

仮想通貨 XELS の価格

KJ
KJ

ここまでで XELS がどんな仮想通貨か伝わったか?

ほな、そろそろお値段のほう見ていこか。

参照: XELS価格、チャート、時価総額、データ | CoinGecko
  • 現在(2021年12月)の時価総額ランキング: 760位
  • 最高値(2021年12月): 1XELS = 約1,220円
  • 現在値(2021年12月): 1XELS = 約750円

XELSは時価総額ランキング760位と、まだ草コインと言える仮想通貨でしょう。

価格がチャートで確認可能な2021年4月以降、ずっと横ばいが続いていましたが2021年12月に入り急騰しました。

2021年11月は 1XELS=約510円 でしたが、2021年12月の最高値では 1XELS=約1,220円 とたった1ヶ月で2倍以上に高騰しました。

現在は 1XELS=約750円 まで下落してしまいましたが、それでも先月までよりは高値となっています。

しかし、今後XELSプラットフォームを用いた公正なカーボンオフセット普及や、XELSの更なる環境問題解決のためのプロジェクト成功によりますますXELSが高騰する可能性はあります。

XELSに将来性を感じた方は、是非投資してみてください。

仮想通貨 XELS の購入方法

KJ
KJ

それじゃ、どうやったら仮想通貨の XELS が

購入できるか解説するで。

残念ながら、XELSは日本の仮想通貨取引所で購入することはできません

購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

中でも私がオススメなのは、取り扱い銘柄が非常に多く日本語にも対応しておりスマホアプリで簡単に操作できるMEXC取引所です。

XELSを購入したい方は、下記の記事を参考にMEXC取引所で購入しましょう!

ちなみに、海外取引所で有名なのは Binance(バイナンス) ですが、Binanceは過去日本の金融庁から二度警告を受けておりいつ日本向けにサービスを停止するかわからないため、私はMEXC取引所を利用しています。

本記事のまとめ

  • XELSは、公正なカーボンオフセットで環境問題解決に取り組む仮想通貨プロジェクト
  • XELSは、CO2証書の発行,販売,無効化のカーボンオフセット一連の機能を提供
  • XELSは、XELS,SELS,BELSの3つの仮想通貨を提供している
  • XELSは、elesolという電力ノイズを抑える省エネプレート製品を開発している
  • XELSは、電気料金支払いプラットフォームをはじめ、様々な省エネ開発を行う
  • XELSは、現在最高値の半額程度。XELSプラットフォーム普及により高騰の可能性
  • XELSは、MEXC取引所で購入することができる
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

コメント

  1. 山川 より:

    KJさん

    XELSに関する記事をありがとうございます。
    XELSコインの所有者です。

    12月になって、急に価格が上がり喜んだのですが、1月になると結局、昨年11月の水準まで落ち込んでしまいました。

    この一時的な、価格の上昇と下落の原因、わかりますか?

    • KJ KJ より:

      山川さん

      KJです。
      コメントありがとうございます。

      お役に立てず申し訳ありませんが、
      XELSの価格上昇と下落の原因まではキャッチアップできておりません。。

      ありがちなのは、ICOやIEOが行われた際に大幅な上昇と下落を見せることがあるので、
      どこかでXELSのICOやIEOが実施されていたのかもしれません。

  2. 山川 より:

    KJ さん

    コメントの返信ありがとうございました。

    なぜか、不思議な価格変動ですが、現在は、昨年11月ごろの価格に戻っています。

    すみません、私は、仮想通貨取引の素人なのですが、正確に言うと、
    XELS token でなく、 SELS token を MyEtherwallet にもっています。
    プレセールで、3年ほど前に、購入しました。

    >>現在はSELSは1:1の比率でXELSへ交換することができるため、交換しておくのが無難でしょう。

    とのコメントがありましたので、bittrex のアカントを作成し、 XELS口座に、SELS token を移動しようとしたら、エラーメッセージがでて、tokenの移動ができません。

    SELSから、XELSへ交換するのに、何かよい方法をご存じでしたら、教えていただけると
    大変ありがたいのですが。

    たびたび、すみません。

    山川

タイトルとURLをコピーしました