【仮想通貨】Handshake(HNS,ハンドシェイク)とは?購入方法は?DNSのTLDを管理するWeb3.0分散型ゾーンサーバ機能をセキュリティ技術者が解説!(2022年7月最新)

仮想通貨(暗号資産)
KJ
KJ

こんにちはー!

サイドFIREを目指すKJやで^^

本記事では、仮想通貨の Handshake(HNS) について解説します。

この記事を読むことで、次のことを理解できますので是非最後まで読んでください^^

  • 仮想通貨 Handshake(HNS) の特徴や優れた点がわかる
  • 仮想通貨 Handshake(HNS) の価格と価格推移がわかる
  • 仮想通貨 Handshake(HNS) の購入方法がわかる

この記事は動画で見ることもできます。是非チャンネル登録してください^^

仮想通貨 Handshake(HNS) 解説

Handshake(HNS) とは

KJ
KJ

Handshake とは、

Web3.0版のDNSルートサーバ機能や。

参照: Handshake

Handshake とは、DNSトップレベルドメインの登録, 更新, 転送を管理するゾーンサーバ機能のブロックチェーンプロトコルです。

・・・これだけだと少し難しいですよね、詳しく解説します^^;

まずDNSとは、Domain Name Service(ドメインネームサービス) の略で、Webサイト等の宛先のIPアドレス (192.168.254.1等) を人間が読みやすい英語の文字列であるドメイン (kj-blog.co.jp等) へ変換するための仕組みです。

このドメインは、kj-blog.co.jp の例だと jp ⇒ co ⇒ kj-blog と上位のドメインから順に辿ってWebサイトを特定しており、最上位以外の co や kj-blog 等を「サブドメイン」、最上位のドメインである jp 等を「TLD(トップ レベル ドメイン)」、そのTLDを管理しているサーバを「ルートサーバ」と呼びます。

分散型で構築される次世代のWebである Web3.0 でもこのドメインやDNSの仕組みは必要とされているものの、従来の Web3.0 DNSサービスではルートサーバはこれまでのものを使用し、TLDサブドメインだけ Web3.0 専用のものを使用していることがほとんどでした。

しかし、これでは最も重要なルートサーバが分散型になっておらず完全な Web3.0 とは言えないため開発されたのが Handshake で、Handshake ではブロックチェーン技術による Web3.0 のゾーンサーバ機能を提供し、Web3.0 の TLD を登録したり更新したりするのです。

この Handshake で発行され、ネットワークへの貢献の報酬として支払われる仮想通貨が HNS であり、ここまでをまとめると次の通りとなっています。

  • Handshake・・・Web3.0の TLD を管理するゾーンサーバ機能を提供するサービス
  • HNS・・・Handshake への貢献の報酬として支払われる仮想通貨

ちなみに、他に Web3.0 関連の仮想通貨には Arweave や Holo 等がありますね。

Handshake は従来のドメインの問題を解決する

KJ
KJ

Handshake では

ブロックチェーン技術により

従来のドメインの問題を解決してるで。

参照: Handshake

HandShake は、次のような従来のドメインの問題を解決します。

  1. ドメインの重複
  2. ドメインの独占

それぞれ解決します。

ドメインの重複

Handshake では、2人以上が同一のドメイン(kj-blog.jp等) を使用してしまい重複する問題を防ぐことができます。

Handshake はブロックチェーン技術により分散型でドメイン保有者を管理しているため、仮に後から同一のドメインを登録しようとしたユーザがいたとしても、先に使用しているユーザがいることがブロックチェーン上で証明されているためドメインの重複を防ぐことができるのです。

ドメインの独占

従来のドメインでは、多くのユーザが使用する可能性があるシンプルなドメイン名を1人が多数登録して独占してしまうような行為が行われていました。

しかし、Handshake ではドメイン保有者がドメインを保有し続けるために独自仮想通貨 HNS での維持コストがかかり、多数のドメイン維持には大量のコストがかかることから独占を防ぎ、公正なドメイン市場を確立しているのです。

なお、Handshake のドメインは、保有者が HNS によるオークション形式での販売も可能なようです。

Handshake はトラストアンカー技術により高セキュリティ

KJ
KJ

Handshake のルートサーバ機能は

トラストアンカー技術を基に動作していて

高セキュリティとなってるで。

参照: Handshake

Handshake は、従来のドメインサービスより高セキュリティとなっています。

従来のドメインサービスでは、ゾーンサーバは冗長化したとしても数台のサーバ上で動作しているため、停電, 故障, サイバー攻撃 等によるサービス停止や、ドメイン情報の改ざん等が発生してしまう可能性がありました。

しかし Handshake では、分散型ピアツーピアネットワークによって保護されたトラストアンカー技術を使用してドメイン情報を管理しているため、特定の機器の停止ではサービスが停止せず高セキュリティとなっているのです。

仮想通貨 Handshake(HNS) の価格

KJ
KJ

ここまでで Handshake(HNS) がどんな仮想通貨か伝わったか?

ほな、そろそろお値段のほう見ていこか。

参照: Handshake(HNS)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap
  • 現在(2022年7月)の時価総額ランキング: 447位
  • 最高値(2021年5月): 1HNS = 約92円
  • 現在値(2022年7月): 1HNS = 約10円

HNS は仮想通貨時価総額ランキング447位と、草コインと言っていいでしょう。

HNS は 2020年6月は 1HNS=約8.5円 でしたが、2021年5月は 1HNS=約92円 とたった1年間で10倍以上に高騰しました。

その後は価格は下落し、現在は 1HNS=約10円 と最高値の9分の1以下になりました。

しかし、逆に考えると現在は安値で買い時とも言えます。

Handshake の TLD を管理するWeb3.0分散型ゾーンサーバ機能に将来性を感じた方は、是非HNSへ投資してみてください。

仮想通貨 Handshake(HNS) の購入方法

KJ
KJ

それじゃ、どうやったら仮想通貨の Handshake(HNS) が

購入できるか解説するで。

残念ながら、HNS は日本の仮想通貨取引所で購入することはできません

購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

中でも私がオススメなのは、取り扱い銘柄が非常に多く日本語にも対応しておりスマホアプリで簡単に操作できるMEXC取引所です。

HNS を購入したい方は、下記の記事を参考にMEXC取引所で購入しましょう!

なお、海外の仮想通貨取引所を利用するためには、まず日本の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入して送金する必要があります。

これから仮想通貨投資を始める方は、まずは大手取引所で安心して仮想通貨投資ができる bitFlyer や コインチェック で、下記の記事を参考にビットコイン等を購入しましょう。

本記事のまとめ

  • Handshake とは、Web3.0 DNSゾーンサーバサービスで、仮想通貨がHNS
  • Handshake は、従来のドメインの問題であるドメイン重複や独占を解消する
  • Handshake は、分散型NWのトラストアンカー技術により高セキュリティ
  • HNS は、現在最高値の約9分の1。Handshake 注目で高騰の可能性
  • HNS は、MEXC取引所で購入することができる
KJ
KJ

本日の記事はここまで!

最後まで読んでくれてありがとうな^^

記事の感想や質問等、気軽にコメントや問い合わせしてやー♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました